【ザギン+33 銀座・東日本橋】|レビュー

新年早々 トロかされる!

2020年の初レビュー

今年はじめてとなるレビュー。さてどこに行こうかなぁとサイトチェックしていると、あるサロンでおや!?と手がとまった。銀座の【ザ・ギン】のなかに何か違うものが・・・

ええっと、【ザギン+33 –THE★GIN+33-(プラスサーティースリーでいいのか?)というのがある。

+33・・・なんだこれは? いや、マジで知らなかった。去年の11月オープンとあるが、もちろんワタシJPが贔屓(ひいき)にしているwあの銀座ザギンの姉妹店らしい。

では「+33」の意味は? 考えてもわからないので直接聞くことにした。なにせセラピストの1人に知っている人がいたのだ。そして電話して予約して、いざ出発!

指定のサロン場所は東日本橋。馬喰町(JR総武線)、馬喰横山(都営新宿線)からも行けるので便利。自分は新宿線を使って馬喰横山駅から数分(3、4分)で到着。エレベータで指定階へ。

インタフォンを押すと、この人がこのお姿でドアオープン。

はい、かつてザギンでレビューした、一條ゆりこ

相変わらずお美しいのに可愛らしい、目パチクリなお姉さんです。お元気そうでなによりです。吉井さんもお久しぶりね。などという挨拶もそこそこにさっそくこう切り出した。「33ってなあに?」

「本当は年齢なんですけど、今は28歳から38歳までいて幅広いのでなんとなく、かしら(笑)。でも、ザギンの精鋭部隊が集結!というコンセプトはあるんですよ」

へ~、なるほどぉ・・・と相槌を打ちながら、“違う想像”をしていた。それは『オトナTHE★GINを作ったんじゃないの?』という想像だ。この場合のオトナは年齢ではない・・・・・・ではレビューをどうぞ!


サロンtwitterから拝借

 

空間の演出はさすが

部屋の雰囲気はさすがのザギン・クオリティだった。メンズエステはこうあるべきよね、という見本のようなワンルーム。そして流れるBGMも理想的。この空間自体がすでに癒しを演出している。サロン創りに悩んでいるオーナーさんは参考にすべし。(自分好みの曲、流してんじゃねーよ!という某サロンへのワタシの心の叫び)

さて。コースはザギンコースとトロギンコースという2種類があり、今回はトロギン90分にてスタート。さらにHPに表記のないオプションもあるという。これは「まだ確定していないモノもあって」というのでレビューしないでおく。だから90分と指名料合わせて21,000円の支払い。

ほらね、もう“違う想像”が現実になるニオイがw

シャワーを浴びて、だぶだぶのブリーフ(ピンク!)にて部屋に戻ると、ゆりこ様コスチェンジでスタンバイ。はい、施術開始!まずはうつ伏せ。

ガツン!

思い出した。タオル越しのほぐしなのに、こういう音がするファーストタッチw これがゆりこ様マジックなボディケア。ガツンのあとはグリグリ、グルングルンと身体が揺れるほど。なのに強さより効き目を感じるほぐしだ。

そして、ほどなくしてオイル。このオイル、特別なのだそうな。聞くところによるとサロンオリジナル開発のもの。水溶性でしかも植物エキスだけでできているから、洗い流しはほかの水溶性よりだんぜん楽なのだとか。そりゃすごい!自分で作っちゃうなんて。

そのオイルを惜しみなく使うのがトロギンコースの特徴の1つ。マットの上にシートを張らなければならないほどドバドバ使う。たしかに途中で「もう1本使い切っちゃった」とゆりこ様

 

スペシャルさが特別w

オイルトリートメントは、うつ伏せのまま彼女のヒザ枕でスタート・・・正座した足(太もも)に顔をうずめて・・・の背中オイル~腰オイル。ギューッとカラダが伸びて尻オイル。つまりは早くも上半身密着フィット。なのにまったりケアではなくリキ感、スピード感アリでディープなそれ。

どっち(ケアの気持ちよさ or 密着の高揚感)に神経を集中させるべきか迷っているうちにケアはどんどんと進むのだった。

さらに、さすがのコミュニケーション力で会話も進み、ココロも和んでくる。でもこれが彼女にとってはただのカンバセーションではないことを知るのだ。

うつ伏せのままカエル足になっての鼠径ケアは当たり前だが、彼女のはなんともスペシャル。

手と腕を差し込みながら、足を足にからめてのケア。これだけなら他店でもあるのだが、ゆりこ様はちょっと違う。全身をフル密着させて、その四肢とボディすべてが決して離れない。まるでタコが餌の魚に食らいついたかのように。か弱い魚ちゃんは身もだえするばかり。

そしてさらに、彼女はただ密着しているのではない。手足でアチコチをトリートメントしながら魚の弱点を探っていた。それが後半のケアの情報収集だった。

 

つまり、すべてはメンズへのカスタムケア。

 

それができるゆりこ様はやっぱり特別なセラピストだった。

いわゆるメンズエステのメニューはほぼ網羅されている+33のトロギンコース。それをカスタむっちゃうセラピスト。彼女レベルの精鋭部隊なら、いつか母屋(ザギン)を侵食するのかもしれない。

後半の仰向けは、前半のケアにLOVEをプラスしたようなドッキュンズッキュンケア。詳細は省く。カスタムされてるからね。ワタシだけにしてくれたのだからね。でもメンズは全員、違うマジックでトロかされる、絶対。

途中の鼠径フィットケアのとき、しばし黙って彼女のトリートメントを受けていた。実はこのとき少年の頃を思い出していたのだ。小学生の頃、葉山の森戸(w)でよく磯遊びをしたものだ。岩場を潜って魚を突いたり貝を拾ったり。夢中になるうちにいつの間にか潮が満ちて波がうねり出す。

その波の激しさに抗えなくなった少年は波に弄(もてあそ)ばれ、岩の合間を無抵抗に漂うしかなかったのだ。波頭が少年の全身を駆け巡って身体ごと翻弄する。でも少年はなぜか恐怖ではなく違うものを感じていたのだった。

波頭はゆりこ様の手足だった。ワタシは少年のときの感情が何だったかを思い出していた。

 

90分はあまりに短すぎた。いつか自分へのご褒美に3時間コースで受けたいなとマジに思うのだ。えっと、180分は・・・3万8000円かぁ・・・・・・仕事しよ。

 

ザギン+33 銀座・東日本橋
https://za-gin33.com/
◆体験日:2020年1月
◆体験コース:「90分トロギンコース」¥20,000+指名料¥1,000

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。