【THE★GIN(ザ・ギン) 銀座一丁目】|レビュー

まさかの直撃!? 恐るべしホットホイップ

四丁目交差点からMATSUYAに向かって銀座通りを歩く。目的地の最寄り駅は銀座一丁目なのだが銀座駅から歩くことにした。この街並みが嫌いじゃなかったりするのだ。

今日レビューするサロンは「THE★GIN(ザ・ギン)」。去年のオープンから存在は知っていたが、訪問するのははじめてだ。HPには数えるのが面倒になるほどのセラピストたちが並ぶ。半年たたずに“完熟”したサロンのようだ。

銀座通りから右に折れてホテルモントレーのあたりで電話。事前にSMSで時間、住所(MAPリンク)が送信されるから場所は分かるのだが、ま、念のため。


Hotel Monterey GINZA

エレベータで目的階へ。インターフォンを押すと出迎えてくれたのが、このコスチュームの成瀬ひかりさん(27)。黒髪ストレートが似合うスレンダーなセラピストで、女優の芦名星(あしなせい)に似ていると思ったのはワタシだけ?てか、それって誰?と思う人もいるだろうから最後に写真をつけておくが、つまりはキレイ系。しかもスタイル抜群!

ワンルームマンションの造りで奥に進むと6畳ほどの施術ルーム。マットレスで調度品もスッキリしているので狭くは感じない。ここであらためて挨拶。コース確認で「ザギンコース90分+指名料」。ここでサロンおすすめというオプション「ホットホイップ」なるものをプラスして、合計21,000円。

ちなみに。このオプション、彼女の積極的なセールスではなく、こちらから質問した結果チョイスしたものである。いわく「これ、お好きな方は気に入ってくれているみたいですよ」。微妙に消極的(笑)

誓約書にサインしてアシスト付きの脱衣、シャワーへ移動する。紙パンツはTとトランクスがあるが「おすすめはTバックですね」という彼女に従う。ここで注意事項。シャワーを簡単に済ます人がいるだろうが、必ず、絶対、ケツはパーフェクトに洗っておいた方がいい。この項、後述。

シャワーを出ると成瀬さんがコスチェンジでお出迎え。清楚でシックだったワンピから、黒+赤のキャミに変身。谷間クッキリの姿に「おぉぉ」とニヤケると微笑み返し。元々シャープ系の顔立ちなので、微笑んだその表情が「ニヤリ」に見える。な~んか色っぽい。

 

うつ伏せから。ほぐしからかなと思ったら彼女が背中に身体を押し付けて乗る!いわゆる密着という名のボディフィット。巨に近いOPの感触を感じつつ、いきなりのフィットに『ここはアリアリか?』と思ったが、このポジションでほぐしが入る。これが思いのほかちゃんとしたタッチ。むむ、どっちやねん!

ちなみに成瀬さん、ナイスボディなのでこのキャミコスが抜群に似合う。聞き忘れたが、ザギンコースではなくスタンダードコースは違うコスかもしれない。ご予約の際は確認されたし。

 

オイルに移ると腰からのトリートメント。リズムに強弱があり“心得ている”感がある。ところがキャリアを聞くと「ようやく1年なんです」と意外な答え。天才かもしれない。

ふくらはぎ~太ももではリンパドレナージュのタッチもしっかりとしていて、「間」さえ持っている。これはそこそこ経験しなくては身につかないものと思う。少なくとも女性サロン出身か、研修が厳しいか、自分でもサロン通いをしているかだ。すると「習っていますし、自分でも良く受けに行きます」とのこと。これに素地があれば1年でできるようになる・・・ということね。

 

さて話は戻る。足のトリートは尻まで届き、鼠径に到達。手や指、腕を使ってのソレは、ソケイ・エリアを全網羅するようなディープさ。

軽いストレッチなど入れつつ片足カエルになると、片手で鼠径、もう片方の手では違う場所(ヒザやスネ)をさわさわスリスリ。ギミック的な小技も含めた抽斗(ひきだし)も多い。例えば、OPをおでこにピトっ。デコルテから足へのケアに移るとき、ワタシの顔面をまたいで通過・・・エトセトラ。

そして四つん這い・・・。これでお分かりだろう、最初のシャワーでしっかり洗え、の意味が。といっても菊クリクリしてくれるわけではない。心棒に触れないだけで、そこらじゅう這い回る、の意味である。

仰向けにチェンジし、ここでオプションタイム。洗面器のような器に泡を盛って再登場。これにローションを足して泡立てる。見ていると、その泡の角(つの)が立つ以上にローションを投入している気がする。いつか行ったBODY SPAグループを思い出していた。あそこも同じように泡立てるが、それよりもっと硬くしているような。しかしその理由は数分後に判明する。

 

横スカTからトランクスに履き替える。ホイップをぶち込むスペース的にトランクスなのだろう。それなのに両サイドをハサミでチョッキン。パンツが小さめなのか、ワタシがブーデーだからか?

そして両手でホイップを股間に投入する。そのホイップでソケイやらBALLやらPOLEやらをもにょもにょと攪拌する。えーっと、直撃である。えーっとアリである・・・・・・?思わずこう口走ってしまった。

「今、触ったでしょ!」

すると彼女は即座にこう言う。
「触ってないです 笑」

「いやいや、握ったでしょ!」
「握ってないです 笑」
「それ、直接、握ってるでしょ?」
「ほら、握ってないですよぉ 笑」

答えはそのローションの量と質にあった。

手と心棒の間にあるホイップが普通の泡よりだいぶ硬いので、手の動きが直接伝わるように感じる、そういうことだった。な~るほど!と感心してしまった。

いやいや、なかなかなオプションでありますね。ただしローションが濃いせいかもしれないが、人によっては滲みてちょっとヒリヒリするらしい。さらに、このオプションの時間は密着フィットがなくなるのでそっちがいいという人はノーチョイスで。でも個人的には一度は試した方がいい、そう思う。

 

ところで、あれやこれやの施術はマニュアル通りなの?と聞いてみた。すると、「ひと通りは教わりましたけど、私なりにアレンジしちゃってます」とのこと。そしてこう言った。

「常連さんは、セラピストによっていろいろなワザがあるから飽きないんだよねー、っておしゃってました」

◆JP的サロン評価(結果発表)=「9.5」

ワタシ的に歴代最高点を更新しました!

ドバドバとまでは行かないが、けっこうな量のオイル使用である。だが水溶性なので落とすのも楽だった。シャワーから戻ると、シャツ、パンツ、靴下にいたるまで、全部きれいにたたんでくれてました。ああ、きれい目の下着を着てきて良かった~とマジに思った次第。以上!

 この人が芦名星

 

◆銀座一丁目 ザギン
http://www.za-gin.com/
◆体験日:2017年1月
◆体験コース:「90分ザギンコース」¥18,000+オプション¥2,000+指名料¥1,000

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。