【THE GIN ザギン 東日本橋】|レビュー③

とろ~りとろり

コロナ禍のレビュー

この時期にやることといえばHPやtwitterをさくさく見ることくらい。あ~あそこは休業しているなとか、閉店になっちゃったなとか、コロナ対策して頑張ってるな、とか。

そういえば対策まったくしてないサロンなどあるのだろうか?ない、と思いたい。でもHPに全然それに触れていないサロンもあったりする。まじか!?まあ、馴染みのサロンはすべてそれぞれ工夫しているのでちょっと安心する。

そういう意味でガッツリ対策のサロンがある。

銀座、市谷、東日本橋、茅場町にルームのある【ザギン THE・GIN】に行ってみることにした。どの程度か実感してみたかったのだ。

トップページにこれでもか!と対策が書いてある。詳しくはサイトを見ていただきたい。


対策部分のスクショ(スマホ版)

なるほど、ここなら!と思って予約した。そして当日。例によってショートメールで案内が届く。今回は東日本橋ルーム。そういえばこのルームははじめてだ。

新宿―(JR)―浅草橋―(都営浅草線)―東日本橋というルートで駅到着。そしてマンション到着w でもルームは近隣に複数あるようだ。たしか銀座も市谷もそうだったと思う。

ジャストの時間にインタフォンして部屋へ。ドアを開けてくれたのが蓮美(はすみ)せなちゃん。

玄関のたたきから一歩下がって(2メートルw)お出迎え。こんな感じ。ヘタですいません。

そしてマスク。顔がわからない。でも自分もマスクのまま(笑)、なのでお互い様。てか必要!

で、下駄箱の上にアルコール液・・・と思ったら、ない。あれ?と見渡すと「部屋の中にあります」と。あ、そう、てことで壁など触らないようにススーと奥のルームへ。そこで彼女がなにやら見たことのないボトルを持ち、こちらの手のひらにシュシュと二吹き。

あ、これがHPにあった次亜塩素酸殺菌製剤「JIAMAX」というやつだな。へ~。

ここで彼女、また一歩下がって2メートルの距離を保ちコース確認。今回は最短90分の予約なので19,000円と指名料1.000円の2万円を差し出す。距離を保ちつつw手を伸ばして受け取る彼女。

「徹底してるね(笑)」
「でもあとで密着するんですけどね(笑)」

脱衣。ここで自分はマスクを外す。シャワーを浴びてゆるゆる紙パンツで戻るとせなちゃんコスチェンでスタンバイ。でもマスクのまま。ほほお。「それしたままするの?」「はい」・・・いいね!

自分は?と聞くと、どちらでもと言う。面倒なのでそのままうつ伏せ。ほぐし圧からスタート。

ちなみにワタシ、毎日朝晩検温している。普段は車移動で、電車に乗ったのも今月3回目。もちろん思いっきり時差出勤。できる限りリモートワークです。それなりに自粛はしているつもり。

とにかくこのサロンは対策を徹底していて室内清掃、除菌や換気を怠らないという。それでもマスクを外さないままの施術はグッジョブと思う。「マスク取れって客いない?」「今のところいませんね」

さすがメンズの皆さん。そういう良客ばかりだからサロンの質も高いのだと思ったりして。

オイルに移行。足、腰、背中と全体を、ゆっくりとしたリズムでていねいにトリートメント。あれれ、やけに手さばきが堂に入っている。聞くと1年超のキャリアでマッサージがすごく好きと。なるほど。

 

このあと施術はこう進む。ざっくりだけど。

片足ずつのカエル(+サイド密ハグ)→ 横向き(+バック密ハグ)→ 四這い → 背面おわり。

この間の施術はすべてとろ~りとろり。絶妙な癒しテクを持っているセラピストなのだ。もちろんコリのキーポイントでは強圧も織り交ぜる。そして徐々にわかってきたことだが、彼女は・・・

メンズのメンズたるキーポイントも熟知

しているセラピストだった。コリも探り当てながら同時に弱点も探っている。

「あ、ここでしょ(ウフフ)」的なw バレるから具体的には書かない。コソ入りレビューなので。

そして、そして、ポジションごとにディープディープな鼠径が入る。

これもとろ~りとろり、ねっとろり なので癒し感バツグン。はい、メンエス的な癒し感です!

仰向け

まずはデコルテ。ここでようやく顔と顔。「わ!目がでっけぇ!」と言ってしまった。彼女はマスクのまま目でほほ笑む。それがビューティかつエキゾチック。「お、お、お願い。一瞬でいいから顔全部見せて!」と懇願してしまった。「あとでね・・・ぅふふ

なんだか別のプレイをしているみたいな気分になったりして。(わかる人にはわかるネタw)

そしてもちろんスタンプ!カタチのいいプリップリの膨らみがムチッと顔をプッシュ。で、デコルテ位置からぐいーんと腕を伸ばして、腹からヘソから鼠を経由してスネまでとろ~りトリート。はい、ご想像どおり彼女もワタシの上を移動。ヘソあたりにペタン座りしてまたも鼠トリート。

ただぺたぺた、ぬりぬりしているのじゃなく、ここでもやっぱりとろ~りとろり、ねっとろり。

さらに彼女、少しずつ座る位置を前に進めて前屈!コスがまくれ上がってちっちゃくてプリップリのお尻が。う~ん、ヤバいっす!「え、なにがヤバいのぉ?」と彼女。しっかり聞かれているw

そう、いつのまにかタメ口。でもSっぽい言い方でなく、フレンドリーでラブリーなそれ。自分の場合あまりM気質がないせいか、こういうしゃべり方のほうがぞわっとする。そういうコトもちゃんとわかってカスタムしてるんじゃないかと思うぐらいなせなちゃん。プロです!

もっともっと彼女のことを書きたいのだが、ここらでやめておく。煽る気はないのだが、せっかく我慢しているメンズに気の毒な気がする。緊急事態宣言が緩和されるまでじっと我慢の子が正解と思うのだが、どうしても、というのなら対策しっかりサロンに行くことだなぁ、とは思う。

 

ザギン 東日本橋
https://za-gin.com/
◆体験日:2020年4月
◆体験コース:「90分コース」¥19,000+指名料¥1,000

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。