【Piano ピアノ 池袋】|レビュー

久々のツボ・セラピスト

ふくらはぎが・・・

今年の仕事始め早々、足のふくらはぎを痛めた。ずっと足がつったような感じなのだ。ググッたら、どうも“こむら返り”というヤツのようだ。これ、言葉は知ってるけど実はよくわからん。

毎朝起きるとそこんとこがビビビッと痛む。大したことはないが今でもビビビはあるのだ。数年前に肉離れを起こした同じ場所。そのときは病院へ行ったが軽度だったため、『冷やしといて』だけでなにも治療はされなかった。それでもシッカリ取るものは取る病院。ちっ

なので、今回は病院へ行く気になれずネットで対処法を調べた。するとこういう情報があった。

適度な運動やストレッチは有効・・・・・・筋肉をほぐすマッサージだけでなく、鼠径部や膝裏のリンパマッサージも・・・

むむむ!そうか、そうなのか!

これを読むまでメンエス行きたくないな~と思っていた。何人かマッサージの上手いセラピストが思い浮かんだが理学療法士ではない。専門知識とスキルのない人に触られて、何かあったらお互いに困るからだ。

でも「鼠径部や膝裏リンパマッサージが有効」と聞けば・・・迷うことはない!

40歳以上の紳士の・・・

そこで選んだのが、池袋、赤羽、五反田と店舗展開をしているサロン【ピアノ】

以前から気になっていた、【当店は40歳以上の大人の男性の為に作った・・・】というコンセプトのサロン。たしか去年の夏ごろまで【30歳以上の・・・】じゃなかったっけ?それが40以上とターゲットを狭めてどうすんの?と思っていたのだ。

もうひとつの決め手は セラピスト写真 を含めたイメージ・・・鼠径がないはずはないだろとw

さっそく電話した。対応は女性スタッフ。セラピストかもしれないが、とても感じのいい話し方だった。希望場所(池袋か赤羽か五反田か)を聞かれ、コース時間などを確認されたあと「ご指名はございますか?」と問われる。

一瞬、『アナタで・・・』と言おうとしたが思いとどまって「フリーでけっこうです」と答える。ちなみに指名無料だったが写真で選んで期待以上だったケースは少ない。

 

予約が確定すると、ショートメールで住所を送るとのこと。では、いざコソ入り出陣!

住所付近に着いて電話し、部屋番を聞きマンションへ。オートロックを解錠してもらい部屋へ。

担当セラピストさんがお出迎え。名前は伏せる。ここは苗字だけなのでイニシャルでもわかっちゃうから無記名にさせてもらう。

ただ、第一印象はスタイル抜群さん。あとでHP写真を見たが、ホンモノの方がぜんぜん素晴らしい。泉里香wに近いと言ってしまう。顔も誰か(女優)に似ているが名前がどうしても思い出せない。ほら、ほら、あの・・・・・・・・すまんせん。

施術ルームは清潔で広さも十分。ただ、フローリング直置きマットがいわゆるマッサージマットではない。15cmくらいの厚みがあるベッドマットレスのような・・・。これってどうなの?と感じる。わかる人にはわかると思うのだが・・・。そしてカガミなし。

お茶をいただき支払い、シャワー。横スカTにはきかえ部屋に戻り施術開始。うつ伏せでタオル越しのほぐし。ここで入りのアプローチが独特だった。

おや珍しい、と思ったが見た目の印象とは違うスキル女子に遭遇したのかもしれなかった。

90分にしてはやや長めに感じるほぐしに続きオイル。

これがまたビックリ!のスキルフルなトリートメントだった。ちゃんとドレナージュしてくれるリンパケアに驚いたのだ。もちろんリクエストして、ヒザ裏のリンパもガッチリとケアしてくれました。さんきゅう!

ところで気になっていた40歳以上のことを聞くと「どうしてでしょうね?」と。たぶんきっと、大人なメンズが喜ぶようなサービスを提供する、という考えというだけなのだろう。もちろん受付で年齢チェックもアンケートも何もなかったので、誰でも入れちゃう。

もうひとつ。HPにある「セラピストオリジナルOP」。これリピート指名限定オプションというのだ。これを問うと「私は××です」と教えてくれた。セラピスで内容が違い誰がどんなモノかはわからないという。まあきっとギミック的なものだろうから、まずは2回受けたいセラピストかどうかの方が先決だ。

施術の続きは?

施術の続き・・・の詳細は割愛させてもらう。

オイルは実に上手かった。スキルフルな手技で強圧もできるし、リンパはしっかりドレナージュだし。でもそのため少し不安になる。セラピストとの会話やこのボディケアだったら、いわゆるメンエスの寛容さはないのかもしれない。自分としては『それはそれでイイんだけど・・・』と思っていた。

でも安心してください!ちゃんとアリますよ、いわゆるメンエス的な一連のアレコレ。ネズミはもちろん、カニ、カエル、イヌ・・・オイルdeサワサワ。

仰向けでもなかなかのソレ。特に最終盤の鼠径オイルdeサワサワはちょっとビックリした。スキルフルで真面目な(感じw)のセラピストが、ガッツリではなく、やや躊躇いがちに施すというシチュエーション。それを計算ずくか天然か、ワケ知りなのかウブなのか謎のような女子だった。

でもそれがワタシ的には久々のツボ・セラピストとの遭遇だった。

2回目・・・ぜひ!と思ったが、別のセラピも気になってしかたがない。たぶん、きっと、ハズレが少ないんじゃないかな~と。自分のアンテナにビビビッときたサロンだった。再訪間違いなし!

 

池袋 Piano ピアノ
https://piano-tokyo.com/
◆体験日:2019年1月
◆体験コース:「90分コース」¥15,000

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。