【恵比寿メンズエステSPA 恵比寿】|レビュー

New SalonにNewヒロイン

恵比寿のニューサロン

このところ遠ざかっていた恵比寿に来た。エリア的にカオスなイメージが強くなっていたせいだ。さらに、知っているサロンが閉店したり移転したり・・・。でも、たまには行かねば!と思い、オープンしたばかりのサロンにコソ突入を決行した。それが【恵比寿メンズエステSPA】

コースはスタンダードとラグジュアリー(LX)の2つ。もちろん前者はダミーw てか顔見せコース。LXは90分で18,000円とエリア的にノーマル。でも「初回限定割引」2,000円があるからおトク!

これを前提に電話。対応はスタッフ氏。よく聞くと書いてないオプションがあるらしい。ふむふむ・・・なるほど、そうなのね!でこれを足して(2,000円)予約完了。指名はフリー、今日のところはw

恵比寿駅を西口に出て左。CVS(ローソン)→ファミマ①→ファミマ②と行ったところで電話。この①と②のあいだがそこそこ上り坂で、夏日を思わせる陽射しで汗が出る。ふう! ②から電話すると目的のマンションは目と鼻の先だった。なので駅改札を出るのは予約5分前で十分だ。でも早めに行ってCVSでひと息つくのがいいと思う。

サロン到着。ドアが開くとセラピストがお出迎え。目ヂカラ強い系でスレンダボディの橋下みわさんが目をクリクリさせて登場。部屋に案内してくれる。

ソファに座ってコース確認と支払い。あらためて彼女を見ると、エキゾチックでやっぱり目が特徴的。クリッ キリッとしているのでクォーターかなと思う。ハーフまでは行かないw この写真はややだっちゅーのをしているからムニムニがBOINだが、実物はちょうどイイ感じのPRINである!

そして、すぐにシャワー準備で彼女は離席。この間に脱衣。ところがハンガーが1本しかない。これではスーツの上下しか掛けられない。これからの季節、3本は欲しいのだ。Yシャツ用とあと1本。アンダーシャツの汗を乾かしたいのだ・・・でもこのレビューに気付けばすぐに改善されることだろう。

UBで狭いがシャワーには十分、横スカ茶でバスルームを出るとコスチェンジ(これがオプション)の橋下さん、めっちゃ似合っている。そう言うとハニカむ彼女、あれカワイイ。

そのコスチュームは、「女のコによってイロイロなんですよ~、私も何種類かあって・・・」

ということだったので、ナイショにしておく。お楽しみはその日までw

スタートが意外!

さて施術スタート!と思ったら足湯がある。ソファに座ったまま、腰に巻いていたタオルを外してヒザ上に乗せて。両足を洗面器に張った湯に入れると彼女、こう言った。「横に座っていいですか?」

ナニナニ、ドユコト?とたじろぐワタシ。彼女が横にピタッと座れば太ももがピトッ!そのまま手を取りハンドマッサ。あんれまぁ!と思ったら今度はソファの背もたれとワタシの背中の間にイン!

後ろからのバックハグのような、羽交い絞めのような体勢で肩をモミモミっとな!で、彼女の手がスルスルッと前に伸びて胸&ち~くびサワサワ・・・『こ、これが今ドキの恵比寿なケアなのか!』と感動していたら、そこからさらに・・・・・・マジ?

マットへ移動w そういえばマットにはビニールシートが敷いてある。「はい、オイル2本分使っちゃいます」そして「ここに胡坐(あぐら)で座ってください」と。ほほう、これまたオリジナル?な入り技。

後ろに立つ彼女がオイルのボトルから直接、肩にタラ~リ。いや、ダラダラダララ~と滝のように注ぐのだ。これ温かいのでまるでシロダーラをボディに受けている感じで、いと癒し!これで肩をトリートメントして、ようやくうつ伏せに。

ふくらはぎを大量オイルでトリートメント。タッチはライト。尻までゆっくりケアしたところで片足カエル。もちろん太ももバサミも入ってのケアで、ここで両手を交互に使って鼠径が入るのだ。

片手ソフト、片手ディープなアシンメトリ鼠径トリート。このアンバランス感がかえってゾワゾワだったりするから不思議。もしかしてテク?と思ったのでキャリアを聞くと、「このサロンがはじめてです」。つまり若葉マークなセラピスト。でも1年と言われても信じちゃうレベルの橋下さん。

そしてときどき指先を立ててツンツン、ゾワゾワタッチも入れたりなんかして、エヘヘ。これを両足たっぷり・・・でした。

続いてヨコ向き

カガミに向かって横臥して、またも足と足を絡めてケア。さっきよりディープに腕まで鼠に侵入して、大波を起こすようなソレ。すると近隣の小山も波間に揺れるのは必然で、波頭も小山打ち付けるのは自然現象w・・・・・・先を急ぐ。

お次は四這い。ま、ないわきゃないよね。

ここでの橋下さん、まず背後からのバックハグのポジションになって、ほぼ背に乗っかる。この姿勢からオイルを胸やらち~くびやら、腹やら鼠やら、をトリートする。

続いてハグをほどいて尻側から腕を差しいれ、両鼠をダブルケア。ときどきクロスするような腕の動きを交えて、ディープな鼠ケアを施してくれる。このとき、双子山と戦艦ヤマトも挟まれた感を持ったのは妄想に過ぎない。絶対。でも尻谷から会陰にかけての指先ツツーケアは現実!

まったり、なフルボディケア

ここからやっと仰向け。足元ポジから、スネ~太もも、もちろん鼠もたっぷりケアして、頭側にポジチェンジでデコルテ。これが思いのほかしっかり圧が入るのだ。とても若葉マークとは思えない!そして顔にタオルを掛ける。大量オイルで彼女自身もオイルまみれだから、髪や顔が汚れないように。

はい、そうです。PRINSTAMPです!

タオル越しだからか、彼女も躊躇、遠慮なくギュー押ししてくれる。息できない!けど嬉しい!なそれ。そして、タオルを外して・・・顔を跨いで・・・下方へ移動。このとき顔の真上で一時停止。フフンが目の前、フフンのフン!

一時停止 → 再生。数センチ動いてまた停止。両足でこちらの腕をホールドロックして鼠径をトリートメント。上体を前かがみにしているから少し離れたが、フフンはまだ目の前、鼻の先。腕を曲げ、指を伸ばせばフフンのフフフンに届きそう・・・Oh Yeah!!・・・Oh No!!! 足のチカラは女子でも強い!

 

最後に添い寝ポジ。ボディサイドがぴったりフィットしての片手でアチコチ・トリートメント。ラブリーだけどなぜか足は休憩タイム。このへんが若葉だな、と思わせる。でも女子力を感じるフィットなので、それだけで十分。てか、かえってLOVERS TIMEのよう。

というところでタイムアップ。90分なのにたっぷりで濃~い、多彩なケアの数々。新店なのに?だから?工夫を凝らした施術wで、たっぷり感をいただきました。

着替えてマンションを出るとき、なぜか彼女はそのコスチュームのままお見送り。玄関ドアを一歩出て振り返ると、タタキに立つ笑顔の彼女。そのカッコウその姿態ある意味、一番のヒロインだ。

ヒロイン(HEROINE)はヒロインでも HでEROI、NE(ね)だっちゅ~の!・・・おあとがよろしいようで。

 

恵比寿 メンズエステSPA
http://ebisu-mensesthespa.com/
◆体験日:2019年5月
◆体験コース:「90分ラグジュアリーコース」¥16,000(初回割適用)+オプション¥2,000

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。