【癒しの空間Annex 上野】|レビュー⑪

不思議なセラピスト

独特の雰囲気を醸し出す・・・

ピンポーーーン!

ガチャ・・・ 「こんにちは」

ドアを半開きにして顔を覗かせたセラピストは、すぐに玄関の三和土(たたき)から一歩身を引いた。外から来た自分には、そこはなかなかの暗がりだったので顔はよく見えなかった。

しかしその体躯と仕草は見えた。均整の取れたボディは黒のTワンピがよく似合う。でも、その女性らしいシルエットは少し腰を引いているように感じられた。それを見てこう思ったのだ。

シャイ? ナイーブ? 人見知り?
・・・それとも警戒している?

初顔の相手にはそんな風になるセラピストもたまにいる。こちらも、いつも満面の笑顔で入室とはいかない。ここはお互いに『どんなセラピ/メンズか?』となるのはごく普通だ。

ただ、もし警戒心ならそれを解かせなければベストパフォーマンスを引き出せないかもしれない。『客の方が気を使うなんて!』と思うメンズは、そういうパーフェクトなサービスを提供する場所に行けばいい。これは気を使うのではなく、自分が楽しむ次善策と思っている。

そういうことも含めて、だからメンエスはおもしろい!と思うのだ。

このサロンは上野の【癒しの空間Annex】でセラピストは みづきちゃん。一応HPの写真を貼ったが、これ、なんともイメージがつかみにくい。ご本人はもっと美人というか、やわらかい、ふんわふわといった雰囲気のセラピストだ。

部屋にいざなわれてコース確認と支払い。今回も90分(昼割適用)でオプション『象さん5種盛り♪』(2,000円)を足して13,000円。もし指名しても合計15,000円。だからちょいちょい行きたくなる。

【前回レビュー:クールビューティ!(まことちゃん)】

 

お茶して少し雑談。でも彼女の距離感がビミョーなのだ。←コレ、彼女に会ったメンズにはわかると思う。でも警戒心じゃなさそうだった。んじゃ、なんだ?・・・ま、いいか。

シャワーしてパンツ。封を切って置いてあったのが、ややぶかのTバック。気が利くのね!

うつ伏せでほぐし。タオルを掛け、ボディサイドに座り右腰と左肩に手を置いてググっと圧し開き。

正直なところ、ほんわかルックスと新人というイメージからスキルは期待していなかった。でもマッサージ経験はあるに違いない。思わぬリキ感に うぐっ となる。そして足元に移ってふくらはぎも圧。これまた うぐぐっ となり、絶対若葉マークじゃないと確信する。こちらの反応に気付いてタッチが柔らかくなったから間違いない。

そしてオイルに移行。足からケア。これもタッチはライトでスムーズなトリートメント。


じっくり、ゆっくりの心地よいストロークはリズムをキープしつつ、ふくらはぎ~太もも~尻へと伸びる。特に尻のトリートメントは念入りで、これでもか!というくらい何度もじっくりとケア。

こののあいだは会話が続いている。

つまり、「こんにちは」からしばらくは、シャイでナイーブっぽい感じだった みづきちゃん、施術スタートしたとたん話が止まらなくなった。でもこの会話がビミョー。

彼女、小声でトーンがやや低く、ゆっくりまったりしゃべる。つまり、やや聞き取りにくい。話の内容は省くが(書けない内容でもあるし、絶対バレるので)、どちらかというとR18的な話。だから自然に耳に集中してしまうのだ。

話に気がいってボディケアはあまり覚えていない。なのに彼女の手指の動きはリズムを保ち、澱みがないのでリラックスできている・・・これ、スキルありのしるし。

えっ!!!! というポジション

もちろん、けっこうな手技も入る。例えばうつ伏せのまま軽くカエルにされて鼠径。その曲げたヒザを彼女の太ももに乗せてアチコチトリートメント。鼠は遠慮のないキワワザも、などエトセトラ。

そして腰&背中。ここ全体をたっぷりのオイルでケアしたあと、おどろき!のポジションに。

いつのまにか みづきちゃん、こちらの背中全体にピタリと乗ってきたのだ。彼女の頬は首筋あたりにピトっとしたような。全身がピトっなので背中の真ん中に丁度いいOPAIを感じながら!

そのまま彼女の手は肩や腕をトリートメント。するとその手が徐々に肩→腕→前腕→手の甲と進み、こちらの指のあいだに彼女の指が・・・IN!

そしてついには指がらめ! おいおい、どこがシャイやねん! と思ったら、耳元に口を近づけこう言った。

 

「よ つ ん ば い  に  なってください」

 

これ、スギューンと来ますよ、ホント。

その四這い、ワタシ的にはエロさはライトなのであるが、やることはやる、というタッチ。尻側からも腹側からもキチンとキワキワしてくれます。

ここで蒸しタオルで背面のオイルを拭き取って仰向け。


デコルテから。ここで彼女のスキルが現れる。胸部の圧しが強く、ドレナージュ感も強い。肩から腕へと流すタッチはベテランのそれ。彼女、間違いなく女性サロン出身だろう。なんといっても“手の抜き”がそれを物語っている。もちろんその手は徐々に下がって、腹や鼠も・・・

またもは会話。ずーっと、ずーっと話は尽きない。

最初は自分の話題だったのに、いつのまにか主導権は彼女に移っている。小声で低めの声なのでついつい聞き耳を立てる。あれこれと質問される(聞かれる、という程度だけど)、そしてよく笑う。

何の気なしに言った言葉に反応してケラケラ、クククっと笑う。このときの表情はとっても可愛い。だからこっちもついつい笑顔になる。でも、どこかで感じていた。このセラピスト・・・

つかみどころがない。

要するに何に反応して笑ったのかよくわからない。

彼女のツボがわからないのだった。

不思議なミヅキちゃん

それでも みづきちゃんの愛らしい笑顔、愛らしい仕草、愛らしい目の動きや表情・・・これにヤラレた感が強い。そう、不思議な不思議なセラピストに遭遇したのだった。

ふと思い出した。アニメの不思議なメルモちゃんの大人バージョンに雰囲気が似ていたりする気がしないでもなかったりする。

そう思いながら、もうひとつの考えが浮かんでいた。いや彼女、ひょっとしたら・・・かもしれない。これは書かずにおこう。もし間違っていたら絶対クレームになってしまう。

などと考えていたら彼女がそっと囁いた。「もう そろそろ、 です よ」

このなんとも言えないモヤモヤ感はメンエスレビューではじめての体験かもしれない。いや、こりゃ気になって寝られないかも、のレベルだ。やっぱプライベートで行くっきゃないか!

帰りの玄関でニコニコニコっと破顔して、手を振ってお見送りしてくれた みづきちゃん。う~ん、やっぱりよくわからないセラピストだ。でも、なぜか後ろ髪ひかれるなぁ!

 

上野 癒しの空間Annex
https://www.iyashinokuukan.net/
◆体験日:2019年7月
◆体験コース:「90分コース」¥11,000(昼割適用)+OP(¥2,000)

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。