【be-majo(ビマージョ) 市ヶ谷】⑥|レビュー

楚々系セラピが ドキドキ、ヤバイ

4月に入って公私ともにバタバタとしてサロン行脚も滞っていた。このまま連休突入はイカンなぁと思い、ストレス発散も兼ねてGW前にスッキリしておこうと行ったのが【ビマージョ市ヶ谷】

今回は事前予約で予算は15,000円。内容は90分でオプション(DT)20分w これがドキドキ、ヤバイの始まりだったのだ!

市ヶ谷駅から電話して、指定の部屋を確認してサロンへ。部屋をチャイムすると今日の担当セラピストが登場。目が三日月2つのニコニコ顔でめっちゃ好きなタイプ!ルックス全体の印象は、純情そうな隣の気になる奥さん。楚々(そそ)とした雰囲気もワタシ好み。

でも白タンクトップに赤フレアスカートって、ギャップありな。そして目が行くのはムネノタニマ。太ってないのにムチムチボディの持ち主、それがマリさんでした。

↓この写真、かなり抑え目なモノ。実物はタニマクッキリでございます。

玄関から部屋へ。手をつないでの案内w ルームでコース確認。90分12,000円+指名料1,000円+ディープトリガー(オプション)を20分2,000円に決定。トータル15,000円を支払い。

ここでシャワータイム。脱衣アシスト・・・えっ! シャツ脱がせはいいのだが、跪いてズボンのチャックまでもジジジーッと下ろす!えっ、えっえっ~!     「はい。じゃパンツはご自分でね」

なぜかホッとするワタシ。楚々とした可愛い奥さんが、ナニするねん!と思いつつ、ドキドキ感がハンパない。ヤバイよヤバイよ!

シャワー後、ピンク横スカでうつ伏せから、腰に馬乗りでタオル越しのほぐし。

背中の圧しほぐしから、ゆったりなリズムで気持ちよさ重視の圧加減。これ思ったよりも時間をかけてのプッシュ。そ、し、て・・・・・・

そのままこちらの背中に突っ伏す彼女。顔がこちらの顔のすぐ横。右向きのこちらのホホに彼女のホホが・・・接したような、しないような。彼女のクチビルが触れたような、ないような。とにかくそんなドキドキシップなマリさん、楚々のイメージが早くも崩壊!これ、数分続くのっす。

続いてオイル。背中や腰のトリートメントの圧し加減は弱くもなく強くもなく。終始ゆっくりのリズムを崩さない。メンズによってはゾゾゾっとじれったく感じるような。そして足もたっぷりオイル。

その流れで今度は尻。腰の中心あたりからオイルをタララっと垂らし、尻の中心にオイルが流れる。それを手で馴染ませるように・・・、はい、菊からその先まで指がディープトリガー。

ポジション変わって彼女がボディサイドに。ここで彼女の太ももに足をイン。すると、例の空間が出現してそこを念入りにケア。はい、ディープ鼠リンパのスタート。

続いて横向き。カガミに向かって横向きの自分に、彼女が正面からハグのポジション。ここでも顔と顔がチョー至近距離でクチビルとクチビルが30ミリまで接近。その距離をキープしたまま手は鼠をしっかり流す。ヤバイよヤバイよ。

思わず「え、ええっ?」と声が出る。すると彼女「うふふふっ・・・・・・

こちらの呼吸が整わないまま次の施術、四這いへ。これまた「いったいどこから手が出てくるの?」というほどアチコチから鼠を目がけて行ったり来たり。久しぶりの縦横無尽のイヌケアなり。

後半戦。

仰向けのデコルテという名のち~くびケアから。頭側にポジチェンしてヒザ枕で肩~腕ケアからのそのままボディ上を移動。顔をまたがりズルズルと腰まで到達。大もっこりと小もっこりがジャストフィットな位置関係(読み飛ばすようにお願いします)で、彼女がぐぐっと上体を前に倒す。すると黒パンが目の前に出現。彼女は足を丹念にケアするのだった。

清純そうな楚々たるイメージはすでになくなり、ヲンナを意識させるに十分なマリさん。内なる背徳感を抱きつつの受身に徹するワタシ。

混濁したる我が脳髄を紅蓮の炎が駆け巡る

これにてレビュー完了・・・最後の方はほとんど覚えていないくらいの癒しをくれた、恐るべしマリさんのまったりケア。

可愛らしい清楚系奥さまのギャップケアを受けてみたいなら絶対。久々に“激奨!”します。マジで、ドキドキ、ヤバイのセラピストでした!

◆市ヶ谷 ビマージョ
http://esthe-bemajo.net/
◆体験日:2018年4月
◆体験コース:「90分ベーシックコース」¥12,000+オプション¥2,000+指名料¥1,000

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。