【ビマージョ 市ヶ谷】⑤|レビュー

イイトコの奥さま感がMAX!! なのに・・・

今回は市ヶ谷。昨年末に行ったばかりだが【ビマージョ】へまた行った。JRからはやや歩くが交通の便がいい。どこへ行こうか迷うと候補の上位へあがるサロンだ。90分12,000円と手ごろだし。

電話をすると17時からOKというのですぐに向かう。駅前の交番横の公園にある喫煙所で一服し時間調整して電話。場所はわかるが部屋番号を聞くためだ。

目的の部屋のチャイムを押したのが16時59分で読み通り。寒空にマンション前で佇むのはヤだからね。この道は人通りが少ないから恥ずかしい的な。

 

今日はフリーで入ったがHPチェックで出勤状況と時間を見れば誰になるか予想がつく。2人該当するがどちらも初顔なので安心。これでオプション20分つけちゃおうという魂胆。

登場したのがきょうかさん(37)。キリッとした目鼻立ちが印象的な美人が、穏やかな笑顔で「寒かったでしょ、さ、どうぞ」と招き入れてくれる。セールスに行ったら想像以上の美人な奥さんだったので驚いた、というシチュエーションを想像してしまった。でもカッコウがコレだもんね!

部屋に入って支払い。90分+オプション(ディープトリガー)20分で14,000円。まじ安い。

 

さて、いつもなら施術の手順をレポートするのだが、今回は少し変えてみようと思う。というのも、それ以外の部分の印象が強かったから。でも初めて行くメンズのために箇条書きで紹介する。

・シャワー後は横スカTバックにはき替え
・ほぐしは仰向けからうつ伏せを数分ずつ。圧は適度でちょうどイイ
・うつ伏せのままオイル。ストロークはゆっくりロング
・ふくらはぎ、太ももを丁寧に何度も行き来し、お約束の菊も通過
・上半身も丁寧でゆっくりなリズム。癒し感強し
片足カエルでディープ鼠
太もものカニ挟みでもディープ鼠
イヌ スタイルでさらにディープ鼠

・仰向けはデコルテから・・・ぐっと手を伸ばして鼠に到達
・頭上ポジションから、下半身へズリズリ移動(これもお約束w)
・通過時にマル見えだったのは真紅のP!
腹に座ってディープ鼠 <詳細後述>
・足元ポジから、さらにさらにディープ鼠・・・・・・以上

このように基本的な施術はビマージョ市ヶ谷のそれを踏襲している。基本に忠実ということだけど、ここに彼女のオリジナル要素が加わる。

 

その前に大前提として触れておきたいのが彼女のキャラクター。とにかくイイとこの奥さま感が強い。上品で気遣いがハンパなく、おもてなし精神にあふれている。それを感じるからこそ、上記の施術がパワーアップする。「私だってオンナなの」というボディランゲージ・・・妄想がはなはだしいケド、そのギャップで工口度が増す。

その最たるものが『腹に座ってディープ鼠』

腹にむこう向きで座り、コチラの足を閉じさせ両手は体側へ。つまり「きをつけ!」のカッコウになるワタシ。その腕を彼女の足がガッチリとホールドする。こういう感じ。

ここから(見えないが)ディープ鼠ケアを施す。カラダも腕も動かせない。横にあるカガミを見ても角度的にわからない。が、確実にディープ鼠径である。これを何度も何度も繰り返す。

そのうちに、たぶん、絶対、間違いなく横スカからポロンした(と思う)。感触でわかる(だろう)。もちろんポロンはすでに正常値を越えている(と思うw)。ところが彼女、そんなコトには委細かまわずといった風情で鼠ケアを続ける。

ポロンを仕舞うわけでもタオルを掛けるわけでもなく、ひたすらディープに続ける。こちらの身体はホールドされている。なんとか頭を持ち上げて彼女の動作を確認しようとするが見えない。なんとなくだが、彼女の頭の角度的に目線はケアポイントを注視しているようだ。

たぶん、きっと、限りなくポロンしているポロンをジッと見ながら、ソノ周辺をガッツリとディープしているんである。

嗚呼、なんだか恥ずかしいケド嬉しい施術ですた。

そして最後は添い寝ポジからのフィット、顔近・・・・などあって、ささやく。「も う す ぐ お 時 間 で す よ・・・」 これで終了。

とにかくきょうかさん、オトナ女子力が高くコミュニケーション力も高い。ワタシが会ったセラピの中でも稀有な存在。セラピストである前に一人の女性として所作が美しい。これは造ったものではなくご本人の持って生まれたモノなんではないか、そう思う。

 

◆市ヶ谷 ビマージョ
http://esthe-bemajo.net/
◆体験日:2018年2月
◆体験コース:「90分ベーシックコース」¥12,000+オプション¥2,000

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。