【be-majo(ビマージョ)日暮里】⑥|レビュー

ド健全、か・ら・の 寛容セラピスト!

熟女系メンズエステが増えた。アラサー、オバサーのサロンが増えるのは歓迎です。基本的にオトナで寛容だから・・・そうぢゃない人もいるけど。

で、今回はそんなオーバー30のセラピストです。日暮里【be-majo(ビマージョ)】 は市ヶ谷店もできたので伸びている(と思える)ところ。そこに、「NEW」の付いたセラピさんを見て「!」と思い、即電話の即予約。

 

青い看板の奥に赤い看板、そしてその先がサロン

もはや勝手知ったるサロンに到着すると、目当てのセラピストひよりさん(39)が登場。この写真、イイ感じじゃないですかね!

で、目の前のご本人。写真のイメージより小柄でプニっなボディ。ハグしたら気持ちいいだろうな~って思う・・・あとで実感するw

部屋に入ってコース確認。90分12k+オプション1k+指名1kで合計14,000円。バリ安。お釣りを持ってくるあいだに脱衣とコソ撮り。

 

シャワー後、いつもの横スカピンクで施術開始。タオルをうつ伏せの全身にかけて揉みほぐし。タッチはゆるめ。超ライト。でも手の平全体を押し当てるような、なでるような。つまり、なんだかボディを探っているような。

「筋肉フェチなの?」
「そこまでは。でも整体を勉強していると筋肉も大事だなって」
「メンズははじめて?」
「はい、女性サロンに5年いました」

「少しは慣れた?」
「まだまだです。研修もきっちりやりましたけど、なかなか難しいですね・・・」

そのあいだも、もちろんボディケア。

「あ、○○さん、スポーツされてました?ココの筋肉けっこうスゴイですよ」
「あ、腰がすごく辛そう。ヘルニアとかやりました?」

どうやら本格的なケアになりそう。う~ん、ヤじゃないんだけど、今日は癒されたい気分だからココに来たんだけど・・・と思うのだった。今日は残念賞かな。

続いてオイル。ふくらはぎ~太モモをライトだが手馴れた手つきでトリートメント。その手が尻にも届き、返す刀で菊周辺を指先が通過。これを何度も繰り返し、菊やら鼠やらパンプキンも接触通過。あれれ?予想外に寛容ではないか。でも、不慣れというか『ぎこちない』に近い。なるほどメンズがはじめてなのが良くわかる。これは・・・・・・

そんなことを考えていると彼女、「右足を少し開いてください」と。その通りにすると、鼠径をたっぷりオイルでケア。腕も差し込んで、カラダもこちらに覆いかぶさるようにして。

流れのままに彼女が添い寝ポジションに来て太モモでカニ挟み。ただ、このポジショニングに「えっと、ここにこうして、よいしょっと・・・」と初心者マル出し。それに協力して一緒に位置取りしたりして、何だか笑ってしまう。まるで●女と●夜を迎えた新婚さん?いや、あくまでも妄想ですけど。

そして四這もアリ。きっと研修どおりな手と指の動きは、上手いというほどではない。が、その拙(つたな)さが逆にエロく感じるのは、やはり妄想です。

 

続いて仰向け。それまでの会話も終始楽しくて、コミュニケーション能力にも長けるひよりさん。「じゃ、デコルテしますね。まずは・・・」

両肩に手を置いて、呼吸を整える動作をする。「はい、息を吸って、1、2、3、吐いて~」。施術者と受術者の息を合わせるロミロミチックな入り方。そしてデコルテ。ははぁ、女性サロンのこれはこうするんだな、という感じ。そしてトリートメント。

あれま、ド健全に戻った!と思ったら、プニ押し。どっちやねん!?という嬉しい  サービス  施術。そしてそこから腕伸ばしの腹ケア。

ちょうど顔のとこにプニプニがフィットして、ムギュ~!「苦しくないですか?」との問いかけに、「ぅむぐっ・・・ふぁいひょうふ!」となんとか答えました。

てなワケで、硬軟混交のボディケアはラストポジションに。はい添い寝。

たぶん、自分史上最強の『ウブエロ』添い寝でした。あ、誤解なきように。モロエロではなく、ウブいからこその妄想です。ほかの人はそう感じないかも?なケアです。でも、なんとなくわかる、と思っていただければ幸いに存じます。

でも、そのウブさはあっという間に消えてしまうのだろうなぁ。彼女が言った。「私の成長を見に来てくださいね、絶対ね」。ハイ、約束は守ります・・・・・・

 

◆日暮里 ビマージョ
http://esthe-bemajo.com 
◆体験日:2017年10月
◆体験コース:「90分コース」¥12,000+オプション¥1,000+指名料¥1,000

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。