【aromarize アロマライズ 船橋】|レビュー

健全なのか寛容なのか

サロンのフレーズに誘われて・・・

新宿から総武線各駅で東に45分ほど行くと船橋駅に到着する。こちら方面は何年ぶりだろう・・・思い出せないくらいだ。そして電車に長いこと座っていると尻が痛くなるのは何故?

と考えながら尻をしっかり揉んでもらおう!と思う。ということで、今日のレビューは船橋駅北口5分の【アロマライズ】。この2月にオープンしたサロンだ。キャッチフレーズが“人生楽しくなっちゃう♪”“男の嗜(たしな)み♪”とある。経営の理念?としてはやや大胆?

前者はそのとおり!とうなずいてしまう。後者の嗜みは“嗜好・好み”のほか、“慎む”みたいな意味がある。ほら、ワインは嗜む程度、なんて言うでしょ。つまり、楽しんじゃお!と、男として知るべきだがほどほどに、と読める。もしこの解釈が正しいなら、ワタシのメンエスに対する考えとほぼほぼ、なんである・・・違うかもしれない。でもこのトーンが気になった。

さて。HPを隅々までチェックした上でコースを選ぶ・・・が、割引のシステムがよくわからない。

①昼割(18時迄)=2,000円引 ※併用不可
②新規割=1,000円引 ※併用不可
③LINE登録割=1,000円引 ※併用可

これをEX(エグゼクティブアロマ)コースに当てはめると・・・ん?それでもよくわからない。なら直接聞いてしまえ、と電話。すると対応スタッフ氏の感じがとても良かったので色んな意味で安心できた。やっぱり対応は大事w

要約するとEX90分は指名フリーで18時までは16,000円が14,000円になる(①適用)。18時以降なら②を使えば15,000円。その上③を登録すれば最安になる。これはLINEアットのことでメルマガと思えばいいようだ。

そこで90分EXコースで予約。写真指名は無料だったので16,000円。オプションは現場で決めることにした。ちなみに①②の適用は指名フリーと『合言葉』が必要なのでHPやtwitterを要チェック!

施術スタートは珍しく・・・

さて、サロンに到着して登場したセラピストはまどかさん。「こんにちは~JPさんですかぁ」とニコニコ対応。

写真では、洋風で エロっぽ オトナなイメージだったが、実物は清楚系で可愛い感じ。ん~、写真ってわからんものだとつくづく思う。でも実物もけっこうタイプw

部屋に通されコース確認。オプションも3つ(洗体・ホイップ・パウダー)があって、「JPさんがお好きなのがあれば」と推しも押しもなし。ということでオプションなしで支払い、シャワータイム。

うれしいことにバスルームに椅子がある!足が洗い易いのでポイント高し。そしてチビTと横スカの見本が壁に掛けてある。最近流行ってるの?ww もちろん横スカでルームへ。

まどかさんは珍しく仰向けからスタート。タオルをかけて足のほぐしから。片ヒザを立ててふくらはぎを両手で挟んで圧。う~ん、タッチがジャスト!腰もしっかりほぐして肩へ。

両手をこちらの両肩に当てる。彼女と正対する。顔と顔、目と目が合う。彼女から顔を近づけてくる。そしてこう言う。

「JPさん、密着好きですか?」

思わぬ急展開に言葉出ず、喉を鳴らしながら急いでうなずく。コクンコクン・・・ゴクン

すると彼女が上半身を倒してフィット!耳元でなにか囁いたが・・・覚えてません←マジ!

髪の香りがふわ~~んと鼻腔をなでる。ドッキンドッキンドッキン・・・ぼかぁシアワセだな~♪

 

そしてここからうつ伏せという段取り。ここもシッカリなタッチのほぐしで我に返ったJPは“レビュー脳”に戻ってケアを受ける。

そしてそのままオイルに。やはり足からで、ここからかなりのスキルを発揮してくれる。

まず強さとリズム。それまでの会話で「JPさん、圧は少し弱めにしておきますね」と彼女。いろいろ個人的な諸事情(書くと誰バレするので略)を汲み取ってくれたのだ。素晴らしい!

ちなみに彼女、必ず名前を付けて話しかけてくれる。これ案外うれしい。そしてちゃんとしたサロンで経験を積んだと思われるホスピタリティの持ち主。(このあとは名前省略)

それでもタッチはジャストフィットなのだ。リズムは変幻自在で、オイル塗布はゆっくりタップリ。ふくらはぎはリキ感のあるトリートメントでヒザ裏リンパはクルクルと円を描くように。

太ももはスピーディとスローが入り混じる。とにかく手の抜き差しだけでスキルを感じるタッチなので、きっと女性サロンでの経験があるのだろう。そういう手技だと感じる。

太ももケアから尻ケアに移っても外連味(ケレンミ)のないタッチ。言わずもがな、の尻ケアもクイクイ、ズイズイとリズミカル。軽く鼠も入るが健全なソレ。

ここまでのケアを黙ってじっくりと観察していると、両手指はもちろん、両腕と両足を全部使ってのケアなのである。つまりシシをクシ(四肢を駆使)するダイナミックすぎるボディケアだ。

「気持ちいいですか?コレ、私も気持ちいいんですよ~(笑)」

根っからのセラピストなのね!とこちらもうれしくなる。

スキルありすぎ!まどかさん

腰に続き背中と肩。最近の自分の弱点も看破されたようなピンポイントなケア。そして尻に戻っての鼠径ケア。うしろからのソレは大胆にも感じるが、彼女のはちゃんとリンパドレナージュだ。

 

ところがワタシのチキータは左曲がり。マットに押し付けられて曲がったままでポジションキープ。だから左側の鼠ケアでちょいちょいミスショット(こすり当たり)するんである。

それでもプロフェッショナルな彼女はソレに気付いていないようにストロークを止めない。それをこう想像して楽しむのだった。『ワザとだろ、ワザとだろ、知っててやってるだろ・・・』

インターバル。ここで蒸しタオルでオイルを拭いて、もう一度仰向け。

「デコルテ好きですか?」

「デコルテ?どっちでも」と答える。じゃソレやめてコッチにしますね!と言って足元へ移動。またもや足も駆使してボディケア。そしてそのとき手指は鼠径リンパドレナージュ・・・。

そしてクライマックスはこれ!!!
↓ ↓ ↓ ↓(超ひさしぶりに描いたwwww)

文字よりわかりやすいっしょ!

でもこの絵面よりずーっと健全。もちろん直撃はなく、ディープな鼠径と腹ケアが繰り返される。ところが顔を上げてこのポーズを見ると・・・なんとも脳が混乱する。そういえば最初の密着も思い出せば親愛なるハグだった気がする。

つまりメンズによって如何様にも取れるセラピーなのではないのか。なんだかそう思う。やっぱりディープなメンエスの世界。そしてこのサロン、もう一度レビューすることになるに違いない。

 

船橋 アロマライズ
http://aromarize.jp/
◆体験日:2019年3月
◆体験コース:「90分エグゼクティブアロマ」¥16,000

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。