【アロマエイト 赤坂】|レビュー②

後光が差すセラピスト

赤坂の再訪レビュー

2度目の訪問となる赤坂。前回、衝撃的な美人セラピストだったので“夢よ もう一度”と思ったのだ。そのサロンが赤坂駅/赤坂見附駅の【赤坂アロマエイト】

 

【前回レビュー:歴代ナンバー1・・・たぶん。】

 

この猛暑だがサロンは待合室がある店舗タイプ。なので少し早めに行っても涼むことができる。コレ大きい。マンション系だと時間ピッタリじゃないとナニかとアレなので、時間調整せねばならない。エントランス前の道端じゃ1分でも待っていられない。

赤坂見附からゆっくり歩いたが5分前に着いてしまった。それでも待合室に通されて、ゆっくり涼んで汗が引いたところで受付にて支払い。前回と同じく、

初めてご利用のお客様~3回目まで・・・【90分】14,000円、【120分】17,000円

が生きているので、90分と指名料と合わせても15,000円。すっげー安い!

で、ネット指名したのがこのセラピスト。いや、写真うまく撮ってるな~とも思えるし、このまんまかもとも思うのだが。

前回のことがあるので期待値レベルが上がっているが、自分的にはセラピストは総合力と思っている。美人に越したことはないが、それだけじゃ納得しない。逆にルックスよりも技術やおもてなし、その他モロモロの方が重要なことがある。

だから期待はずれでもがっかりしないぞと考えていると、とスタッフ氏に呼ばれ施術ルームへの入口へ。そこにスタンバっていたのが結城めいちゃん。ニッコリ微笑む彼女は後光が差していた。ホントーだ!

いや、実は彼女の背後の廊下にある照明の光がそう見せていたのだ。でも一瞬、阿弥陀如来か観音菩薩・・・いやいや、やっぱエンジェルでしょ?と思ったのはマジホント。美人に越したことはないという言葉がぶっ飛んだ。ここまで美しければ他のスキルを凌駕する。

彼女に案内されて施術ルームへ。店舗型にありがちな狭めの床一面にマットが敷かれているタイプ。「これはこれでアリ」と経験者は思うだろう。狭さゆえのアレコレを夢想していいと思うのだ。

着替えからシャワーのくだりは割愛する。前回レビューと同じだ。ただ、紙パンツは自選してチビTにしたw

部屋に戻ってうつ伏せから施術開始。「90分なのでオイルから入りますね」と。部屋に入って挨拶したときから感じていたが、声と話し方も美しい。そして自然な笑顔。なんだかすべてが美しい。この人を「美人か?」と思うメンズがいたらこう言いたい。審美眼、ないんじゃね?

オイルからはじまり

では施術をw 背中の真ん中にクルクルと丸くオイルを塗布。タッチはかなりライト。頭側にポジして背中~腰をグッと圧して尻に到達。このとき彼女の上体が背中に少しFitする、むふふ。

腰に座って、尻~太もも~足~足ウラまでトリートメント。ここからサロンの特徴と思われる手技が入る。また上体をFitさせながら、足ウラ~太もも~腰、そしてヨコ腹までをケアする。これ、大変そうだがめいちゃんは一生懸命に頑張るのだ。

でも少しスムーズさに欠ける動き。そこでキャリアを聞くと、ゼロからのスタートで2か月、しかも週一出勤とのこと。あれまあ!ボクラの世界に来てくれてありがとう!

このタッチを左右たっぷり。ゆっくりで軽いトリートメントはスイートな味がする。

足元にポジ変えして足ウラをたっぷりオイルでケア。ツボ圧しなども入ってけっこうしっかり。そこから、ふくらはぎ~ヒザ裏~太ももと丁寧にケア。リキ感はないが癒されタッチでGood!

ここで立てヒザからのストレッチ。このとき足の甲が彼女の胸にピト。一瞬、モロに山の頂点のムニュっと柔らか感触・・・彼女、急いで胸の谷間に移動させる。ラッキーサンキュー!

そこからカエル&カニバサミ。スベスベムッチのめいちゃんの太ももは、いと気持ちよし。このまま太もも、腰、尻、鼠径などをトリートメント。ただし、鼠はシャローである。遠慮がち?とも言えるような、縁(ふち)でとどまり奥までは入らない。

でも彼女のキャラに合っているような気もする。エンジェルのように純真で美しい女性が、いきなりガバッとディープ鼠径・・・というのもなんだかなと思う昭和なオトコなのである。

お待ちかね、仰向け!

ここでようやく仰向け。めいちゃん、やや照明を暗くする。一気にムーディな雰囲気にはなったが、美しい顔がはっきり見えないのは残念だなと思ったりする。でも大丈夫、目は慣れるんですw

まず、頭側ポジからデコルテと上半身ケア。ここからグググーッと身体を伸ばして腹からヘソ下まで手が届く。ということは、もちろん彼女のボディもこちらにFit!というワケ。むふふ。

ただ、これまたガバァ~ッ!と来るワケでなく、遠慮しいしいな微妙なFit。『もっとガバッと、ビトッと来てよ~』と言いそうになったが思いとどまった。自制心のカタマリなのです、ワタシ。とはいっても2つのフクラミの感触は、しっかりハッキリいただきました!

ところが、ここからめいちゃんが活動開始。顔をまたぎながら!ズリズリと下半身に移動。腹あたりにあっち向きで座ると、鼠径←→太ももを行ったり来たり。これもなんともSweetなケア。

 

ふぅ~、と一息ついたところで彼女が言った。「よつんばい、ですよ」

え!ここから?時間的にも最後な感じなんですけど~?

そういえば前回もコレあったけど、90分コースは無しかなと思っていたのだ。ただし、この四這いケアもややライト。後ろからBody Fitしながら腕や手でアチコチをケアしてくれるのだが、キワキワもやっぱりシャロー。しかしワタシ的には十分なモノでした。癒し感がボリューミーで美しいめいちゃんのラブリーケアだから美味しくいただきました。

そして本当の最後に、ありましたヨ、アレ。はい、ヨコ向き添い寝ケア・ダブル!!これも詳細は省く。てか文字にも書けないラブリーさ、なのでした。

しいて書けば・・・距離が顔が、もう近くて近くて、おじさん失楽園・・・いや天国への階段を昇ったのでした。おぉ、ツェッペリン!

エピローグ

先にも触れたが、結城めいちゃんはまだ2か月の若葉マークちゃん。だからスキル的にはまだまだである。マッサージ優先のメンズなら、もう少しキャリアアップしてからの方がいいと思う。

ただし、週一で時間帯も限られる出勤らしいので、あっという間に予約が取れないセラピストになるだろう。そうなってからでは遅いんじゃないの?と思う。

彼女が最後にこう言った。

「私、マッサージも上手になりたいんです」

キミなら大丈夫。その気持ちがあれば絶対上手くなります!天は彼女に二物を与えたようだが、これにスキルが付いたら本物のエンジェルになっちゃうような気がする。そのままのキミがいい、そんなコトを思う今日この頃。昭和は遠くなりにけり JP

 

赤坂 アロマエイト
https://eight-akasaka.com/
◆体験日:2019年8月
◆体験コース:「90分コース」¥14,000(初回割適用)+net指名¥1,000

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。