【aroma.coco アロマココ 三軒茶屋】|レビュー

イケてる女子の濃縮パフォ

三茶の駅チカ!サロン

今日のレビューは渋谷から東急田園都市線で2駅の三軒茶屋。今まで2、3回レビューしているはずだが、その全てが閉店してしまったのでレビューも消してしまった。そこで久しぶりにこのエリアで検索してみると、ヒットしたのが【アロマココ】というサロン。

HPをチェックすると、セラピスト数もそこそこで出勤数も多い。90分16,000円(エグゼクティブコース)だが早割り(19時までと太っ腹!)使えば14,000円と納得価格。で、オプションを見ると・・・・・・。

そこですぐに電話。超がつくほど感じのいいスタッフ氏だったのでアレコレ聞いてしまった。

「この ネクストなんとか ってなんですか?」
「それはセラピストから直接お聞きください」
「え、そうなんですか」
「はい。ほかのオプションも聞かれてご納得いただいてからで大丈夫ですので」

・・・だよね。セラピスト見て話してからにしよう。きっと得意、不得意とかもあるだろうし。もしイマイチなセラピだったらあんま金使いたくないし。

ところで、あまりに感じのいい対応だったので、ついつい今日受けられるセラピストのタイプを聞いてみた。これうっかりすると指名になるケースがあるが、ここは本指名だけ有料だし、この氏なら嫌な顔?せず教えてくれそうだったから。

すると案の定、セラピスト3人のタイプを教えてくれた。ここでは割愛するが、「じゃ、その人で」とそのまま90分エグゼクティブコースを予約した。

イメージ通りのセラピで◎

場所は三茶パティオ口からすぐ。そして「え!ここ!?」という場所にあった。だからアロマ、ココ!なのか・・・違うか。その昔CoCoというアイドルグループがあったが、オーナーがそのファンだったとか?もし三浦理恵子みたいなコがいたら最高なんですけど!

さて。サロンに到着するとそのセラピスト、たまちゃんがお出迎え。この写真のイメージ通りのイケてる系女子だった。このセラピネーム、最初の突っ込みドコロである。答えは書かない。メンズ諸氏のツカミを奪う気はないのである。

さて、コース確認とオプション説明。簡単に紹介すると、①ネクストレベル ②ホイップ ③パウダーとあり各3,000円。①はわからないでもないが、②③はけっこうお高めと思う。けっきょく彼女の強めの推し(決して押しではない)もあり、①に決定。

①の中味は?って・・・・・・やっぱりセラピに直接聞いた方がいいでしょう(最後に少しw)。

シャワー後、4種類あるパンツからダブダブ三角Pを選ぶ。その4種類とは、ノーマル、白半透明、スライド式、横スカ。で、マイチョイスのダブダブはスライド式だそうでピンク色がなんか可愛いw

部屋に戻ってスタートはほぐしから・・・と、たまちゃんなぜか枕を外して「ここに顔埋めるようにしてください」と。いきなり枕元に足を開いてペタン座り。そのタマちゃんのマタのあいだに顔を突っ込め!と。

この体勢で肩と首をたっぷりじっくり揉みほぐす。ただしタッチはライト。主に指でのケアなのでスタートは軽めの方がいい。枕を戻し足元に移って足裏ツボ圧し~ふくらはぎ~太ももケア。

そのままオイルへ。これはトリートメントタッチで、足首からゆっくりじっくりなストロークを、太ももから尻へ。これまたスローでライトなもの。これを何度も繰り返す。

ホットアイマスクの意外な効果

途中でホットアイマスクをサービスしてくれた。はじめて試したが、すぐに目がほかほかになってチョー気持ちいい。これ、疲れていたら寝ちゃうやつ。だが、しばらくすると違うコトに気がついた。

片足カエル。ここでさっそく入ります、鼠径部。これまたボディケアのタッチでゆっくりまったり感アリ。ディープとは言わないが、尻側からや腰側から何度も行き来するのでトロ~ンとしてくる。

さてアイマスク。これ、しばらくすると熱さも和らぐ。するとただの目隠しになる・・・気がするw

視界が遮られると感覚が鋭くなるってもの。鼠ケアはマッタリで指先サワサワが混じる。意識のすべてがソコに集中する。というコトは・・・自分はMではない。なのに、なのに、こういうPlayにアヘ!っとなるメンズの気持ちがわかったようになるのだ。むむむ、どうかしてるぜ、オレ!

左右カエルたっぷりのあと腰に乗り背中ケア。柔らか~いタッチなので癒し感バツグンなたまちゃんのケア。顔は可愛いが話し方は姉さん系でシャキシャキ。ちょっとアンバランスなのがいとをかし

 

ここで四這い。間髪いれず、スッと腕がコカンに差し込まれたのでドキリとする。目隠し状態なのでゾクゾク感が伴って、これまたアヘアヘな新感覚。

ここでアイマスクを外して(ふう~っ)、仰向けにチェンジ。

デコルテは予想以上に丁寧。お、いいな!と思ったら、彼女がモゾモゾっと動く。ポジションチェンジなのだが、デコルテの位置からそのまんまヘソ位置まで移動。

もう一度書く。彼女は枕元に座ってデコルテ。そのまま顔を跨いで、四足動物のようにヘソまでずるずるっと這うように移動するのだ。そして、顔を通過するとき1秒、いや、2~3秒止まる。鼻の先に彼女のPのKUIKOMIがモロでしょ!というポジション。サービス精神旺盛なのである。

サワサワと流しのタッチ

で、ヘソの真上に跨ると、ここから容赦のない鼠径ケア。でもタッチがソフトなので、感じ方によってはラブリーにもなる。両腕は彼女の足でホールドされているので抵抗できない。

それにむこう向きなので様子が見えない、身動きできない。ダブダブPからハミポロン(不可抗力)を元に収めているような感触を覚えつつの鼠径。

そのまま手をぐーっと伸ばし、足首までトリートメント。すると、彼女の上体がそこんとこにジャスト。目的は鼠からの足ケアなのだから、ジャストになるのはこれまた不可抗力。でもこれ、何度か繰り返されるのでワザとだろ?と思うメンズは多いかもしれない。

そして全体的に繰り出されるサワサワと流しのタッチ。指先立てて~のサワサワ。いたるところをサワサワ。ときにズーイズイと流しながら、やっぱサワサワ。身動きできないのでされるがまま。彼女の顔は見えないが、なんだか嬉々としてるんじゃね?と妄想する。

 

そして足元にポジションして例のオプションケア。そういえば彼女、トリートメントの中盤でこう言った。「前はEエリアにいたんですけど、このお店では紳士の人しか会ったことないんですよ」

なるほど、だから、のオプションか!という気がしないでもない・・・ということで、気になるメンズは直接セラピストに聞いてくだされ。まあ、ほとんどのメンズはお好きと思いますよ!

ここでタイムアップとばかりに身体を起こされる・・・と思ったら、たまちゃん背後にまわってバックハグ。そして、そこからの鼠径。まだあるんかい!というワザ。

エンドロールも気が抜けない映画のようなタマちゃんの施術でした!時間が120分にも感じられる濃縮な90分。このクイぎみのパフォーマンスをもう一度受けてみたいとマジに思う。

 

三軒茶屋 アロマココ
https://www.aromacocotokyo.com/
◆体験日:2019年3月
◆体験コース:「90分Executive Treatment」¥14,000(昼割適用)+オプション¥3,000

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。