管理人JPのブログ|レビュー

JPのプライベートレビュー

リピートしたらチョメチョメだった話

今年はここまで30人+アルファwのセラピストさんにお世話になりました。アルファというのは諸般の事情で書けなかったり、アップする前に退店したり、完全プライベートで書く気がなかったり。

今日のレビューはその1つ、プライベートではじめから書く気がなかったセラピストの話。

名前は伏せる(Mとしておく)が☆☆☆セラピストではない人。それなのにどうしてももう一度会いたくなったのだ。その理由は・・・

はじめてMの施術を受けたとき、ものすごくビビッドな反応を見せてくれた。

たとえば、ルックスの最大特長は巨PAIだった。すごいね!というと、これには薄い反応。ならばと顔を褒めた。めっちゃカワイイ表情をする瞬間があったから、素直に感じたままを言った。すると、

「うれしい~!」

と本気で喜んでくれた(と思うw)

巨PAIはみんな言うのだろう。だから薄い反応だったのか。でも、顔もカワイイのだ。だからそう言った。思い出すだけでキュンとする好きな表情、帰り道でそう思ったのは本当だ。

そして「うれしい!」と言った直後の彼女のサービスがグン!増し×2になった。こ、これは・・・なんというポテンシャル!と感動したのを覚えている。あとでMがこう言ったのも印象的だった。

「カワイイとか言う人は私の胸を触りたいから言うの。もうミエミエ」
そして、
「でもJPさんは違うってわかったから嬉しかった。だから・・・頑張って元気にしてあげちゃう!」

 

そんで・・・こうなった!

そして今日。部屋を訪れたときの彼女のリアクションをこう想像していた。

「あ~~!きてくれたんだぁ、うれしいぃぃ!!」

・・・実際はぜんぜん違っていた。

 

「こんにちは」

若干トーンも低め。これはたぶんにハイテンションを期待し過ぎたからの感じ方で、きっといつもと同じなのだろうけど。でも続けて「おひさしぶりですね」と笑顔も見せてくれた。「あ、覚えてるんだ」「もちろんです」

実はここで内心違うコトを考えていた。

まてよ・・・たしか、めっちゃ可愛かったと思ったけど、なんだか違うぞ・・・。

記憶していたイメージじゃないぞと。あれは、まさかのゲレンデマジックか?と。もしかして指名ミス?何度か行っているサロンだから別人を指名してしまったのか?と。でも、この巨PAIは記憶どおりだ。このコだったのは間違いない。

ひとつ深呼吸をして『ま、いいか』と施術開始w

 

後半戦でナニかが起こる

オイルを受けながら話しているうちに、いろいろ前回のことを思い出した。お互いw 少し忘れていたということだった。そして後半戦・・・仰向けポジションになる。

するとMの表情が店に入ったときと変わっていた。ドキッとするほどカワイイ表情なのだった。

そう感じたのでそのまま言った。「あ、やっぱカワイイや!」

正直なところカワイイよりもエロいに近い。オンナ顔と言うべきか。そしてその言葉に記憶どおりのビビッドな反応を見せるM。

そこからのボディケアがググン!増し×3に。す、すっごい!

プライベートなので具体的には書かないが、ひとつだけ発表しちゃう。最後の添い寝ポジションでMが巨PAIを顔にムギューーーーーーーッと押し付けてくれた。衣装からハミ出ている生チチの部分なんである。なにしろ巨なので半分以上は生なのだ・・・・・・

もちろん前回はなかったPAI顔ムギュ。『私のテンション上げてくれたお礼!』と言わんばかりのムギュだった。セクシーサンキュー!

さて。

このレビューを書きながら思うのだが、セラピスト=接客のプロとはいえ普通の女子。このように客の態度でサービスが変わるのはいかがなものか、と思う人もいるだろう。でもよく耳にするのは「プロだけど普通の部分が見え隠れするのがメンエスの醍醐味」という声。銀座のホステスとキャバ嬢の違いというところかもしれない。

若いイケメンならセラピも最初からテンション高いだろが・・・ちくしょううらやましい!・・・自分のように外見でモテないオヤヂはリップサービスしかない。でもそれもまた楽しいメンエスだと思ったりしている今日このごろ。

 

・・・内緒にしておこうと思ったが、サロンだけこっそり書いちゃうことにした。それは【上野 癒しの空間Annex】である。でもセラピストは教えない。Mは本当なので頑張って見つけてくださいね!

※サービス内容などはあくまでも筆者の個人的感想です。