【salon de M(巣鴨)】

salon de M(巣鴨)この夏は例年になく厳しい暑さだ。強い陽射しのなか外回りをしていると、つい“涼”を求めてしまう。冷房&ジュース~陽射し&汗~冷房&アイスコーヒー…。まずこれで営業マンはヤラれる。

そんな時にメンズエステを検索していたら、巣鴨にある「salon de M」というサロンを見つけた。

「サロン・ド・M」と読むのだろうが一瞬、『サロン ドM』に見えてしまった。ん~、これは故意か偶然か…?迷ったなら電話、である。

HPをよく見ると「生ひざ枕」「アロマ」などの文字があるので『ガッツリM』の店ではないようだ。アロマ主体でもM男くん御用達でもいいので、とにかく潜入するとこにした。

さて電話をすると、とっても感じのイイ女性が対応。わかりやすい道案内ですぐにサロンのあるマンションに到着。そして、部屋に入って驚いた。明るく清潔感漂うルームなのだ。天蓋っぽいレースのカーテンのついた施術ベッド。外光が差す明るい室内(夜はムーディーになるそうな)。迎えてくれたのは、パレオ姿もあでやかなNさん。クールビューティ系のお姉さま。そう、“水川あさみ”に似とります!スレンダーでスタイル抜群、足がキレイっす。

簡単な問診とコース選択。おすすめという「生ひざ枕耳かき(30分)&アロマエステ(90分)」の120分で14,000円。耳かき30分というのが長い気がしたが、「生ひざ枕」がポイントね。

まずはシャワー。バスローブに着替えるのだが、「これ、はいてください」と渡されたのが『Tバックの紙ショーツ』。ワタクシ、初体験でございます……はき方わかんね~ぞ。

バスルームへ案内されると、Nさんが「背中流しますね」。あっれ~、特別サービス?と思ったら、これが『プチ洗体』なワケですね。汗をかいた背中をゴシゴシしてくれて嬉しいス。もちろん背中のみでご退室。あとは自分でキレイにしましょうね。

ルームに戻り施術開始。まずは「生ひざ枕で耳かき」。ベッドに正座したNさんに生ひざ枕。耳の“うぶ毛”を電気シェーバーで剃ってくれる。そして丁寧に耳アカ掃除。道具も2つほど取り換えて、本格的な耳掃除。そして綿棒で仕上げ。これを左右でキッチリ。「はい、終わりました」と言われた時は、「え~、もう30分たったの?」と思ったくらい気持ちがイイものでありました。

そして、うつ伏せで軽くほぐしをしてアロマのチョイス。フローラル系でお任せしたらジャスミンを選んでくれた。甘~い濃厚な香りがイイ感じ。ふくらはぎ、太もも、尻…ゆっくり丁寧なストローク。Nさん、ベッドの上に移動し、こちらの腰にまたがって(つまり、尻に騎乗!)、肩~背中のトリートメント。そのまま後ろ向きになって足のリフレに。

「“松葉リフレ”で~す」

ナニナニ?松葉?…アレを連想していいんですか?…いいそうです(笑)。足裏が彼女の胸あたりにちょいちょい触れている、気がするのだが?

そして、うつ伏せのまま、ひざ枕の体勢になって肩、首、背中へのトリートメント。生ひざ枕に顔を埋めての施術でウットリしますよ。

次は仰向け。またしても腰に騎乗。仰向けの腰の位置ってことは…バスタオルをかけた上ではあるがモロあそこに乗っかるわけで、まんまのスタイル。「え?そこ乗るの?」「はい(笑)」…メニューのようです。そこから腹のトリートメント。リンパマッサージのタッチで、強めのゆっくりとしたストローク。

「鼠径部に入ります」。そう言うと足元にポジションチェンジし、かけていたタオルを外す。Tバック・ショーツの極小の紙切れが丸出し!そして彼女は正座。その太ももあたりにこちらの足裏をつけて、ググ~っとひざを曲げると…カエルの背泳ぎ状態。要するに彼女から見て、こちらの脚が「Mの字」になる。「M字鼠径部リンパ」だそうだ。

鼠径部マッサージはちょい強め。リンパの流れを促すようにゆっくりとマッサージ。これ、たっぷり時間をかけてのケアなので、この体勢が少々つらくなってしまった。足を伸ばさせてもらい、続けてマッサージ。うん、良いです。

目を閉じてリンパマッサージに集中していたが、ふと眼を開けるとNさんのクールビューティな笑顔。M男クンならゾクゾクものでしょうか。そういう人もそうでない人もヤミツキになりそう。

◆体験日:2010年7月
◆体験コース:「生ひざ枕耳かき&アロマ120分コース」¥14,000-