【SALON BLANCA 日本橋】②

今回は、昨夏(2015年)レポートしたサロンの再訪レポートです。“ラブリー&フィット”な施術が忘れられない東日本橋の「サロンブランカ」。そのとき担当だったセラピストさんが退店したようで、ならば今いる人をレビューせねば!と突入したワケで。

サロンに到着すると本日のセラピスト、桜井あゆかさん(25)が笑顔でドアオープン。ここで、彼女のプロフを思い出した。

 

『見目麗しき、センシュアル美女!!』(センシュアル=官能的な、肉感的なの意)

とあるのだぞ、諸君。どうだ!ふくらむだろ、期待が!

部屋に通されると、まず驚くのはその広さと清潔さ。贅沢といってもいいほどで開放感がハンパない。ここでコース確認。もちろん『ブランカコース』で120分(20,000円)である。アロマコース(120分15,000円)との違いはラブリーフィットとコスチューム。

 

さて、シャワーしてTバック(超ゆるゆる)に履き替えルームに戻ると、あゆかさんはコスチュームに着替えて登場……やや!ややや!このコスは前回(タンクトップ+パレオ)とは違うぞと思い、「あれ、変わった?」と聞くと、「12月からこうなりました(笑)」。

なんと “黒のベビードール” なのだ!本人写真はございません、お察しください。

すると彼女、「10種類くらいあるんですよ」と。『何ナニ?ボクのためにチョイスしてくれたの~』と独り言。違うだろな…。

「じゃあ、うつ伏せになってください」と開始。背中にタオルをかけてほぐしから。ライトなタッチを予想していたが、背骨に沿った圧が本格的だった。『こ、これは…』とその手技に集中する。

腰、肩、背中に思わぬ強さの圧とタッチを受け、少し混乱しているワタシに彼女はこう言った。「ギックリ、やったことあります?」  見抜かれた!ただ、見目麗しくセンシュアルなセラピさんじゃない。いったいナニ者だ!?

ほぐしはただの“解し”にとどまらず、続いて腰の上に乗り彼女のヒザで尻をケア。それも尻の両サイドをヒザでグリグリと。「何やってるの?」と聞くと、「こうすると腰が楽になるのよ」。「知らなかった」と振り向けば、アノ姿の笑顔。なんだ、このギャップは!

その流れのままに濃密なケアのオンパレードとなるのだ。(詳細は割愛・笑)

そしてオイル。背中を力強くズイズイーッとトリートメントし、上半身を徹底的にケアしてくれる。「いつもこんなにがっちりなの?」と聞くと、「背中ガチガチなので、スイッチ入っちゃったみたい。うふふ…」と。客の状態に合わせての施術、さすがです。

半分経過して仰向けに。ようやく彼女の姿と顔を見られて改めて思う。いわゆる“イイオンナ”という形容詞がぴったりである。

下半身に移り、足をやはり強いタッチでトリート。すると彼女の足がこちらの足の間にインして、カニばさみなポジションで太ももto太もものサービスケア。

その後もポジションチェンジなどあって、彼女の手技が炸裂する。もちろん鼠径ケアもアリ。上から下からキワキワで、もももフィットしたままだったりするのである。思わず「すごいね」と言うと「うふふふ…」 …おいおい。

後半は向かい合ってのフィットケアがありクッキリ谷間が目の前。それなのに、カラダのどこかをギュッとされるのでイタタタと目をつぶる。でも見たいから目を開ける。するとまたまたギュッとされてウギギィ~と目をつぶる…モテアソバレてるかもしれない(S入ってるな)。

結局、最後はガチガチのボディをふにゃふにゃにされてカラダ・スッキリ!という次第。あゆかさん、本指名が多いらしいが納得である。

◆日本橋 サロンブランカ
http://salon-blanca.jp/
◆体験日:2016年2月
◆体験コース:「120分ブランカコース」¥20,000-

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。