【Lux Room(渋谷)】

luxroom3今回はメンズエステの進化形ともいうべきサロンを紹介する。渋谷にある「Lux Room」だ。マンションの美しいエントランスを通りエレベータでサロンへ。チャイムすると担当のセラピストさんが笑顔でお出迎え—– ここまではごく普通。

案内された部屋に入るとまず驚いた。そこにはどデカいベッドがデン!

いまだかつてない大きさはキングサイズに違いない。そしてそのベッドの脇になにやらモニターらしきものがある。「これは?」とたずねると「カメラがあって、それを映しているんです」とセラピストさん。むむ、ナニナニ?

ところでセラピストさんの紹介を忘れていた。本日の担当は「桃」さん。キリリとシャープなお顔立ちでハーフかと思わせるような美人さん。高身長で足が長く、完璧なスタイル。よく“モデルのような”と表現するが、「モデルもやってます」と言われても何の違和感もない。

さて、お茶を飲みながらコース確認。90分のデラックスコースが基本17,000円。新規割が1,000円だったのでオプションを追加。桃さんの得意手技という「ストレッチ」「ディープリンパ」それぞれ1,000円を足して合計18,000円なり。ちなみに「ラックス」コースならベースは13,000円(90分)。

シャワーを浴びてTバック紙パンで施術ルームに戻るとうつ伏せから施術スタート。

どデカベッドの顔の部分に、脚付きベッドにあるような穴が。そこに顔を突っ込むとモニターがあり4分割の映像が映し出されている。これがコミュニケーションカメラという代物。ベッドの前後左右にカメラが配置され、その映像を見ながらケアを受けるという寸法だ。スゲー!

—– 以下、HPからの引用
施術時間の半分はうつ伏せ状態で視界0。当サロンでは『セラピストを映す定点カメラ』を無料でご提供。『うつ伏せ状態でも専用モニターでセラピストとのコミュニケーションをサポート』しております。

なるほど、これは画期的だ。ただふと疑問に思ったことを言ってみた。「まさか録画?監視??」

すると桃さん、「絶対ないです。そんなことされたら私たちだってイヤですよ」と。つまり、まったく真摯に“客目線のサービス”なのだ。ここのオーナーさん、さてはご自身もエステ好きですね。

さて施術。うつ伏せでほぐしのあとオイルトリートメントに。このオイル、あったかい。ホットオイル使用とは珍しいがこの時期には嬉しいもの。そのオイル(セサミオイル)をタ~ップリと使用。

桃さんいわく「アーユルヴェーダ施術法なんですよ」とのこと。インド伝統療法である施術法に即したオイルの量ということで単に気前がいいのではないのだ。おみそれしました。

ところで、ほぐしでも感じたが桃さんのトリートメントは力感がある。ワタシの弱点の1つ、ふくらはぎをズズィーっとケア。そして太ももや足全体をリズムよくトリートしたと思ったら、そのリズムが変わる。超がつくほどスロー&ソフトになったのだ。ともすれば“じらし”に感じるほどのタッチで、このテンポの違いが心まで解(ほど)ける気がしてくるのだ。そして足のストレッチが入る。

続いて尻ケア。ここでソケイ、入ります。彼女の手が尻の上からソケイを経由して前の方まで行きつ戻りつ。この手の動きをモニターで見ているワタシ。自分のケツを見るってのもナニですが…(笑)

でも、おかげでうつ伏せなのに桃さんの美しい顔やスレンダーなお姿も見えちゃう。う~ん、ファンタスティック!あとでオーナーさんにグータッチしたいと思う。「あんたはエライ」

ハード&ソフトのタッチを交えつつ、腰、背中をこれまたタップリなホットオイルでくまなくケア。特に肩は入念で肩甲骨に手をグイグイ。いわゆる“肩甲骨はがし”だろう。さらに腕のストレッチや首などもしっかり。そのケアをワタシのカラダに乗ったり、腰にまたがったりしながら施すのだ。

その様子をガン見しようと目はモニターに釘付け。もちろん後方カメラの映像である。はい、もうおわかりでしょ。けっこうな絵が見られるんですよ、ご同輩(笑)。そして“密着”もところどころにアリます。これもデラックスコースの特典なのである。

ところでこの手順とケアの内容、「吉井さんに合わせてるので、人によって変わるんですよ」とのこと。なのであくまでも参考程度に。

とにかく桃さんは、美しいだけでなくスキルも抜群のセラピさん。少しアンニュイなしゃべり方と相まって、カラダとココロがとろけてしまう。そして、少し「Sっ気」も入ってるなと…(笑)

ここで背面終了。オイルを蒸しタオルで拭き仰向けに。ナマ桃さんの顔やお姿を眺めながら両足のトリート、そしてソケイもあって腸セラピー。最後に“ほぼ添い寝”状態での背中&肩ケア。だから、桃さんの顔が超至近距離。こちらの両手がFREEだったので自然にハグってしまう。でも、ついギュッとしたら優しく いなされ ました(笑)

気づいたら、いつのまにか90分が経っていた。延長をお願いしようとしたら、後の予約があって無理とのこと。し、しまった、はじめから120分にしておけばよかった。そしてシャワーで終了。

“ディープリンパはどうだったか”って?これも人によってやり方が違うそうだからご自分で体感されたし。でも色々なギミックてんこ盛りですよ。といっても健全店なのでその範囲で。

おまけ—– シャワー後のスリッパが新しくなっていた。これだけでエステ野郎はわかるはず。こんな痒いところに手が届くサービスが嬉しい。ラックスルーム渋谷、次はだれに会いに行こうかな…。

◆体験日:2015年10月
◆体験コース:「デラックスコース90分」¥17,000-

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。