【LEGIAN(池袋)】

regian2009年3月にオープンした東京メトロの地下街「エチカ池袋」にはじめて足を踏み入れた。それまではただの地下道で、西口方面(丸井や立教大学など)への連絡通路でしかなかったような。しかも人通りも少なくて、夜ともなると微妙に“寒い”感じだった。

ところがこの「エチカ池袋」、大賑わいである。平日の昼間なのにホコ天のごとく人の波なのだ。おっしゃれ~なショップとグルメが軒を並べていて、グーッと明るくなってイイ感じだ。

そのエチカから地上に出ると「アロマリゾート LEGAIN(レギャン)」がすぐ目の前という寸法。うむ、雨の日でもラクチンポン。目指すサロンに着きドアを開けたとたん、BALIテイスト満点の空間が広がる。受付には可愛いセラピストさんが2人。

「いらっしゃいませ~♪」

とユニゾンでお出迎え。もちろんお約束の南国リゾート・コスチューム&笑顔付きだ。この、世俗が頭から消える瞬間がたまらなくてサロンに通うのであります。

予約したのは「バリ式リンパドレナージュ60分」で10,000円なり。新規の1,000円OFFクーポンを使えば9,000円でオッケーとなる。まずはお茶を飲みつつアロマのチョイス。期間限定おすすめで「ユーカリ&レモン」というブレンドオイルがあったが、ユーカリはこの前体験したので「イランイラン」をリクエスト。フローラルでエキゾチックな、ちょっと強めの香り。実はこのイランイランは未体験だったのだ。

ここで個室に移動。もちろんそこもリゾートテイストたっぷり。小ぶりのアンティーク家具や照明、タピストリーまでもがバランスよく飾られている。そして施術ベッドは天蓋付き!思わず「おぉっ!」と感嘆してしまった。

さて、担当のセラピストはTちゃん。サロン最年少の19歳ってことで「ちゃん」で呼ばせていただく。笑顔も可愛らしい、健康的な今ドキな女の娘です。「それではこれに履き替えてくださいね」と紙パンツを手渡される。そうか、シャワーがないのか…ちょっと不安になる(理由は後述)。

着替えが済み、うつ伏せから施術スタート。最初に蒸したバスタオルで背中を拭いてくれ、汗をぬぐってくれる。その時に背中を軽くほぐすような圧をかける。若いのにキチンと手順を知っているなと思う。そしてたっぷりのオイルを背中にたらし「バリ式リンパドレナージュ」に突入だ。

ところで、バリ式エステを“バリニーズ”と呼ぶサロンが多いが、あえてバリ式としているのはなぜだろう。それを聞いてみた。

「バリニーズにサロンのオリジナルの手法を取り交ぜているんですよ」

な~るほど納得。いってみれば“レギャン式バリニーズ”ってことですな。

背中全体を大きめのロングストロークでトリートメント。さらに、肩甲骨の周りをぐーるぐると、バランスのいい圧加減で施術。これ、かなり気持ちがいい。そして、肩~首と続いて脚に移動。これまた多めのオイルでゆっくりとマッサージしてくれる。足がだるかったので、ふくらはぎを多めにというリクエストに一所懸命に応えてくれる。もちろん時々「強さは大丈夫ですか?」と聞いてくれるので安心である。

そもそもバリニーズというのは、ハワイのロミロミに近い強めの圧加減が特徴のマッサージなので、チカラ技だったり熟練の要素が必要だったりする。それを、彼女のような若いセラピストが施術するのはけっこう大変なのではないかと思う。サロンの教育が行き届いているのか、Tちゃんがエライのか。きっと両方なのでしょう。きっちり講習を受けているのが伝わる施術です。

と、唐突にダブダブの紙パンツの中に手が進入。尻へのリンパドレナージュだ。これ、想定外だったのでチョット驚いたがチョットうれしい。これまたたっぷりオイル+ゆったりストロークで気持ちがいいです。この下半身へのトリートメントを長めにしてくれた気がする。トリートメント中もいろいろ話しかけてくれて会話も弾むし癒されます。グーです!

ここで仰向けにシフトチェンジ。胸、鎖骨、腹とトリートメントし脚に移る。そして…鼠径部へのリンパドレナージュがはじまった。尻へのマッサージの時から薄々感じていたが、うれし恥ずかし鼠径部リンドレです。たっぷりオイルでシュラシュシュシュ~♪ リズムも軽やかなロングストロークだ。あぁ~、老廃物がリンパからドレナージュされて行く~!…って実感しているワケではないが、そういうものなのである(笑)

この鼠径部のタッチは強弱のついた念入りなトリートメント。ストロークの惰性で起きる“接触事故”もなく、“ニアミス”という程度。ドスン!と追突してもいいのにぃ~、…と思ってはいけません。ま、それはともかく実にマッタリと癒されます。これを延長されるお客さんが多いのだとか。なーんだ、みんな私と同じね!

おおよそ背面40分、前面20分のトータル60分。シャワーがないせいか、きっちり時間を消化した感があり、満足度は95点。Tちゃんの可愛い笑顔+楽しい会話を足せばリラクゼーション度は100点オーバー。惜しむらくはBGMが小さかったこと。たまたまかもしれないが、リズミカルなガムラン系(打楽器)だった。これを大音量にされても…と思うが、Bali Spa系のメロディアスなもので大きめな音なら、きっとイッてしまったに違いない(爆睡)。

香りの強いアロマを選んだあとにシャワーがないことを知り、「あ、このあと会社に戻るんだった!」と不安がつのったのだが、最後に蒸したバスタオルでていねいに身体をぬぐってくれた。会社に戻って女子社員の横を通っても無反応だったのでオーケーである(実は「あ、また行ったな!」と思われたのかもしれないが…)。

そんなことが気になるなら“無香料”もチョイスできるという、至れり尽くせりのサロンです。『エチカに行ったらレギャンに寄ろう、雨がふってもラクチンポン!』という標語をスタッフに浸透させようと思う。あ、そういえば「雨の日割引」もあるとか。オーナーさん、それ不要だと思うのですが…。

◆体験日:2009年4月
◆体験コース:「バリ式リンパドレナージュ60分」¥10,000-