【CHAKURA(代々木)】

チャクラ-22009年6月。本格的な梅雨という感じがしてきた…。独特な、あのじめっとした感じはどうも好きになれない。そんな“じめじめ”が続くと“イライラ”が増す。私が愛してやまない阪神タイガースも開幕からなかなか波に乗れずイライラが続いている。二重のイライラが体中に蔓延して、ストレスの塊になりつつある感じだ。この悪い流れを断ち切るためにはエステしかない(こじつけの感が否めないが…)と今回お邪魔したのが代々木にある「CHAKURA」だ。

代々木からも新宿南口からも約5分と便利で、少々古びたマンションながら受付は小奇麗で好感が持てる。店長の対応も丁寧でGOOD!コースはおすすめの“ジンジャーブレンドコース”に決定。セラピスト(ここではキャストと呼ぶそうな)は指名なしでおまかせした。料金は、80分15,000円+ルームチャージ代3,000円でトータル18,000円。

そして施術ルームへGO~。チャイムを鳴らすと今回のキャストSさんが笑顔で出迎えてくれた。う~ん、まるで彼女の部屋を訪ねてきたって感じがウキウキです。HPの写真は美人のイメージだったが、実物は笑顔のせいもあってか、「あっ、可愛い!」というのが第一印象。こちらも自然に笑顔になってしまう。

彼女の部屋、、、じゃなかった、施術ルームは雑貨や小物など南国をイメージさせるようにオシャレに飾り、ちょっとしたリゾート気分にも浸れる空間だ。ウェルカムドリンクとしてアルコールのサービスもあるというのだが、まだ真昼間で仕事中のためココはグッと我慢してお茶をチョイスし、しばしSさんと他愛もない会話。なんか癒されるなぁ~。

ひと心地ついたところでシャワー。そのあとベッドへ移動するのだが、大体のエステでは紙パンツ装着率が高いと思う。ところがココはちょっと違うのだ。バスタオルをオムツ状態でパンツ替わりに巻かれるというスタイル。ちょっと恥ずかしい感じぃ~、なのである(笑)。要はふんどし状態なわけだ。でも、これはこれで有りかなと自分自身納得させる。

これで準備完了!ココから本格的なフェイシャルマッサージがスタートです。適度に蒸されたタオルで顔を覆われ(気持ちイイ~!)顔ツボを丁寧に、そして入念に押してくれます。目の疲れにも相当効きます。コレ実にイイですぞ~。そして次は耳かきとなるが、私事で申し訳ないですが耳かきはどうも苦手で省かせてもらいました。耳かき好きの方はぜひ。その代りといってはあれですが、全身マッサージに時間を費やしてもらうことに…。

チャクラ-1まずはコースの名の通り、ジンジャーのアロマでオイルトリートメント開始。ジンジャー(生姜)の香りといってもツーンとした辛い感じではなく、柔らかくスッキリしたイメージ。これを丁寧に腕から脚へと擦り込んでもらって何ともいえない微妙な力加減で揉んでもらいます。これがまたツボを心得ている(シャレではありません・笑)というのでしょうか?凝っているポイントを的確にヒットしてくれるのです。

驚いたのは肩へかけてのマッサージで、「今までマッサージした方でも3本の指に入るくらいの硬さですよ~」と言われた。自分では自覚がないのだが、ストレスの塊がココに出ていたようです。さらに、「ここで一気にほぐしてしまうと、強い揉み返しがくるときがあるんですよぉ」とのことで優しく揉みほぐしてくれました。その気遣いに思わずグッときましたわ~。

そして、さらに驚いたのが炭のパワーを利用する『高波動竹炭リンパトレナージュ』というメニュー。仰向けの腹部に温めた“高波動が入った竹炭”を置いていく。コレ、CHAKURAオリジナルの炭なんだそうです!この“高波動竹炭”というもの、臭いや汚れの吸収・分解作用があり、強力なマイナスイオンを発生させてヒーリング効果を高めるものだとか。それをサロンオリジナルで作っているなんて…。そういえばこの竹炭、サロンの中にも置かれていたことを思い出した。な~んてこだわりのオーナーさんでしょう!

お腹にのせたこの竹炭、ジワジワと温かくなって次第に全身がポカポカに。何となく体が浄化されていくような…。炭のパワー恐るべしである。その間も腕や足など全身を入念にオイルマッサージ。うつ伏せにチェンジしても、ゆっくりまったりとしたオイルマッサージで腰や背中をケアしてもらい極楽気分~王様気分でありました。

最後にシャワーとなるが、ココで嬉しい気遣いが。無香料のボディソープが用意されているのである。これ結構重要なポイント。会社に帰る場合や奥さん、彼女がいる男子にとってみれば安心できるのだ。これで気になるジンジャーアロマも石鹸の香りも、きれいに消せるってものです。

<レビュアー/fujimoto>

◆体験日:2009年6月
◆体験コース:「ジンジャーブレンドコース 80分」¥15,000-