【AROMA SPA(池袋)】③

aroma spa3年の瀬です。もういくつ寝ると~、です。残すところあと2週間なので今年の垢は~、です。ワタクシ的にちょっと慌ただしい12月でありまして、これが年内最後のJP担当レポートです。

池袋でiPhoneのアクセサリなどの買い物を済ませると、オフィスに戻る気が失せてしまい思わず電話してしまったのが「AROMA SPA」。疲れが溜まるとガッツリのロングタイムマッサを受けたくなるんですよね。そんな意味でココは絶好です。

何度目かのレポートだが、場所は北口。そう、ソープやヘルス、ラブホが立ち並ぶ一角なのでフーゾク感はぬぐえません。が、まったくの健全店。「2時間10,000円」がオールタイムってんでフーゾクなワケもないでしょうし…。

今からすぐに入れますか?と電話すると「はい、大丈夫ですよ」と店長さん。10分後に到着すると、なぜか女の子が応対。えっと、さっき電話した吉井ですけど、と言うと「はい。コースは?」とギリギリの日本語(笑)。もちろん2時間1万円コースを指さす。

そのまま部屋に通されてあらためてご挨拶。「Sです」と可愛らしいというか美しい笑顔、いや、ニコニコというかクスクスな笑いに見える。なぜ笑ってるの?と聞くと、「ワタシでよかった?」。そう言えば女の子の指名も写真チョイスもしなかった。ま、受付の時に『あ、この娘だったらイイな~』と思ったものだから、ウォー シー ホァン ニーと言ったらウケました。(君が好きだ~、てな意味です)

戯言はおいといて…。シャワーへは手をつないで道案内。『…ん?ちょっとオレにホの字?』なんて勘違いしかけたが、これはココのお約束。

部屋に戻るとスッポンポンにタオルをかけての施術。この解放感?がたまりません。で、うつ伏せからで背中のマッサージから。腕も指も細いのに、とにかくガッツリ揉んでくれる。背骨のラインをゴ~リゴリ、肩、肩甲骨もとにかくシッカリ力強い圧なんです。

どんな風にしてるんだろ?とちょっと振り返ったら、立てヒザで懸命にグイグイしとりました。これが下半身も続き、尻を手のひらでグリグリ。これまた力強く気持ちいいので腰もいっしょにグリグリ動く。

そしてお気に入り…BGMがホントに心地いいのです。荘厳というか、幻想的というか、波の音に雄大なメロディ+ハミングのボーカルが重なり~ので、もしマッサージがガッツリじゃなかったら100パー寝てます。

さて、この背面マッサのあと「オイルは?」と聞かれたので珍しく無香料をチョイス。うつ伏せのまま、背中からオイルたっぷりのトリートメントがスタート。

頭側に正座して、ぐぐ~と腰の方までオイルするものだから、彼女の身体もぐぐ~と伸びる。彼女のヒザも伸びて、ちょうど太ももがこちらの頭に当たる。少しだけ顔を上げて目を開くと、カタチのいい太ももとその奥が…残念ながら暗くて見えませんでしたけど。

そのまま下半身もオイルでマッサ。尻の割れめ君までスーコスコ。と、それ以上はナシで通過。太もも、ふくらはぎのオイルマッサージで、次第にアタマもトロ~ン。

『あれ~、このまま背面だけでおしまいか?』と思ったところで「仰向けね」。…だよね~!やはり120分はハンパない。

足の先から徐々に太ももへ、そして鼠径部もガッツリ。タオルをよけてのケアなので、絶妙なタッチをじかに受けられる。だがしかし、肝心な部分は触れそうで触れない、いや、触れていると言えなくもない微妙なタッチ。

この鼠径部マッサは回春に限りなく近いリンパマッサージであるからして、人によってはニョッキしてしまう御仁もおられよう。かくいうワタシも半分……。小姐ちゃんの顔を見ると、素知らぬ顔でマッサージに没頭している。そんな視線に気づいた小姐ちゃん、ニッコリと微笑む。遠慮しなくてもいいのかもしれないが、微妙なので我慢しておいた(笑)。

さて、オイルケアは続き、腹部もしっかりトリートしてくれました。ついでに胸をコチョコチョっとしてくれたのはご愛きょうでしょう。もしくは、やっぱ私にホの字かも(笑)。大きな蒸したバスタオルを背中・両足の合計3枚でほんわかケア&オイルのふき取り。これがまたメッサ気持ちいい。

最後に洗体。もう隅々まで、あらゆるところまで素手でゴシゴシしてくれましたよ。う~ん、やっぱり120分はメッチャいいですよね~。年明けも「AROMA SPA」に行っちゃうかも!

◆体験日:2011年12月
◆体験コース:「120分王様コース」¥10,000-