【AROMA PARAISO(中野)】③

パライソ3-1中野の「まんだらけ」に久しぶりに行った。ご存知のように今や漫画だけじゃない。雑誌「popeye」の創刊号(1976年)が9000円!で売っていたりする。そう、サブカル物ならなんでもアリなディープなスポットになっているのだ。自分のようなおっさんでもつい時を忘れてしまう…。

そのブロードウェイの直近にあるのが、「AROMA PARAISO(アロマパライソ)」。1年ぶりの訪問である。夕方6時の予約でセラピストさんはおまかせ。90分¥13,000が年末キャンペーンで¥11,000だそうだ。

ちょっと時間があったので喫茶店で一服。聞いておいたセラピスト藤原ゆずさん(23)をスマホでチェックすると、スリーサイズ=91-60-88…… 小さくガッツポーズ。

時間になりウキウキとサロンへ。受付を済ませると、ゆずちゃんがパレオで登場。ちょっと上目遣いの表情がカワイイ。そしてもちろん目は、ボボン!の胸に釘付け。

部屋に落ち着くと、まずは足湯でホッコリ温まり、続いてシャワーへ。脱衣所で「これに履き替えてくださいね」とパンツを指す。Tバック・パンツ型・トランクス型と3種類あって、「どれがやりやすいの」と聞くと、「Tバックですね(ニコ)」。仰せのとおりに(笑)

paraiso-3部屋に戻るとうつ伏せからスタート。正座した彼女の膝にこちらの足を乗せて、太ももをオイルトリートメント。ゆっくりとした軽めのタッチでストローク。熱いシャワーでポカポカだったので、少々冷たいゆずちゃんの手と太ももが心地よい。

「急に寒くなりましたね~。特に辛いところはありますかぁ」などと優しく話しかけてくれるその声が、年齢に似合わず落ち着いていて心もだんだん緩んでくる。

太もも~ふくらはぎ、足の指まで丹念に1本1本ケアしてくれ、足裏のツボ押しも。これを左右ゆっくり&まったり。キクーッというより、キモチイイ~というタッチです。

そして次は尻。たっぷりオイルをヌリヌリしながらの、これまたゆっくりタッチ。そして尻の割れ目まで手指が伸びる。なるほど、Tバックが正解なわけね。

これが背中まで丁寧に続いて最後にストレッチ。足を背中の方に曲げてグググっと。思わず「あたたたたっ」と声が出るが、それほど痛いわけではない。モモとスネの筋が伸びる感じで気持ちがいいくらいである。

この時、ゆずちゃんはこちらの足の甲を自分の胸あたりに押し付けてググっとしている感触が。そう、ビミョーにふくらみに当たっているに違いない。神経を足の甲に集中させwているうちに背面は終了。

ここから仰向けになって上半身のトリートメント。ようやくゆずちゃんと正対する。あらためて顔を凝視。。。誰かに似ている…誰だろう?…思い出せない。で、聞いてみた。

「誰かに似てるよね?」
「いろいろ言われますね~。深きょんとか(笑)」
「あ、それそれ!でも他にも似てる気が…」
「誰ですかぁ」
「えっとね…」

これでマジマジと見つめられるって作戦。
てか、可愛いから見とれちゃう。もう誰でもいいやって感じww

彼女、片手で胸や腕をオイルしてくれる時に、もう一方の手でこちらの右手を胸に誘(いざな)うカタチにする。そう、谷間に当ててくれてるのだ(偶然?)。しかし!当てるのは右手の甲。手首を押さえられているので返せない。それでも十分にプニプニ、ボボンの感触を楽しんでしまった。サービス満点星!

パライソ3-2続いて下半身。太もも、か、ら、の、鼠径部ドレナージュ。これまた、ゆっくりまったりのタッチがグー。危うくテントりそうになるのを我慢する。なにせ健全店につき、おイタは厳禁ですからして。そのかわり終始楽しい会話が続くので、本来のメンズエステのリラクゼーションを堪能できるのです。

その後も全身くまなくトリートメント。ポジションもあちこち変わりながらで、そのたびにプニプニ、ボボンがあちこちに当たる。そのたびテントるのを耐えながら――というより会話が弾んでソコに精神集中せずに済んだという感じ。そのせいでケアの手順は覚えられませんでした。スミマセン。

総合的にはライトなタッチのマッサージである。ガッツリ揉んでほしい時よりは、ストレスや疲れ気味なんて時に最高。「癒される」ってのは彼女の施術&会話を言うのである!最後にハグしてもらって、お疲れさまでした! GOOD JOB!!

◆体験日:2012年11月
◆体験コース:「90分コース」¥11,000-

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。