【アロマフレスカ目黒】②

目黒サムネ目黒駅で下車するのは久しぶりだ。西口改札を出てちょっと歩き、CALL POINTでサロンに電話。実はここで間違い電話をした。スマホの電話帳に「アロマ」ではじまる番号が10個ほど登録されていて押し間違えたのだが、自分では気付いていない。7回ほどCALLしたが誰も出ない。「なバカな」と画面を見ると『アロマ××××』と別の名。あ、違った、とようやく気付く。

これから行くのは「アロマフレスカ」である。まったくボケてるな。でもこの時間(夕方)なのに誰も出ないサロン、大丈夫か~と思う。例の「施術中は電話に出られません」的なアレだろうけど・・・ま、いっか。

慌ててかけ直すとすぐに女性が対応。ホッとする。「今、ドレメ通りなんですが」「まっすぐ先に○○が見えますか?そこから・・・」と聞きながら歩くうちに目的地に着いていた。

目黒1ドレメ通り

AXIS

 

 

 

 

・西口から見た写真。前方の白っぽい建物に沿って行く
・ドレメ通りをまっすぐ進む
・中央の小さい建物がCALL POINT

そこは何と一軒家!はじめての場所だがレビューは2度目となる「AROMA FRESCA目黒」である。一軒家のサロンはたまに遭遇するが、目黒から数分の場所とは想定外だった。そして佇まいもグ~ッド。よくぞここを見つけたな、と思う。でも家賃高そう。。。

このサロンは品川から移転したので再訪のタイミングを計っていた。そこに4月から新メニュー「LX(ラグジュアリートリートメント)コース」の新設を知った。HPに『肌と肌、心と心が触れ合う・・・ストレッチ&リンパドレナージュにタッチセラピーを取り入れた・・・』とある。ストレッチ+リンパ+タッチ(SLT)、分かるような分からんような。

ならば!とすぐに予約した。様子見なので最短100分を予約。¥17,000が新コース割適用で¥16,000に。

 

道案内の電話中に家(サロン)に着いたものだから、すぐにドアが開いた。出迎えてくれたのは担当セラピストの夏川ゆなさん(27)・・・  えっ!

思わずのけぞった。去年も一度同じようなコトがあったが、それ以来の衝撃だった。

natsukawa-1

天使すぎるアイドルは橋本カンナだが、彼女は“天使すぎるセラピスト”だ。プロフィールに「まるで天使のような優しい笑顔」と書かれていたが、これは間違いで、『夏川ゆなは天使である』、これでいいのだ~、ボンボン♪

今日のレビューはもうこれで十分だろう。施術なんてどうでもいい。夏川ゆな(アイドルなので呼び捨てにする。そういう存在)に会えるだけで価値がある。

 

でもちょっとだけ施術にも触れておくw

施術ルームでコース確認と支払い。脱衣してバスルームに案内されると数種の紙パンツが用意。「どれがおすすめ?」と聞くと、「Tバックですね」・・・むむむ、天使なのか?・・・部屋に戻り施術開始。直置きマットレスにうつ伏せになり、腰のタオルを外す。

「あ、Tバック履いてくれて嬉しいです」・・・むむむ、て、天使だよなぁ・・・

改めて、うつ伏せの身体全体にタオルをかけ軽いほぐしに続きアロマ。微香だったが種類は聞き忘れる。が、これもどうでもいい。

「本日、おつらい所はございますか」「足と腰をお願いします」「かしこまりました」

声も天使である。ちなみに夏川ゆなは背が小さい。それに童顔だから実にソレっぽい。思わず背中を見る。本当に羽があるかもしれないと思ったのだ。

ふくらはぎから腰、背中まで、一直線のトリートメントにやや驚く。足→(尻経由)→背中をシューーーッ!と何度も。ここで理解した。パンツがトランクスとかならこの一直線トリートメントが引っかかる。そのためのTバック推しだったわけだ・・・・・・天使だったね

ところでマッサージ歴は半年で、ここがはじめての所属だそうだ。「なぜこの世界に?」「マッサージに興味があって。人を癒すっていいですよね」・・・・・・やっぱ天使じゃん

さて、施術はLXのSLTが混じる。例えば“足to足のフィットケア”や“彼女のヒザに足を乗せて・・・(※)”の「T」がすごい!そして「L(鼠径含む)」も入る。

twister2※昔のゲーム“ツイスター”を思い出した(知ってる人だけが分かるだろう)。「これ、皆さん驚かれますね、うふふ」と彼女。

 

そして「S」。キャリア6ヶ月で、ストレッチはこの4月からという夏川ゆな。小さいカラダで頑張ってはいるが非力なのは否めない。しかし、ボディケアが好きという彼女なら1年もしない内に「あらよっと」という感じになるだろう。

逆に言えば『ピュアなぎこちなさ』を味わえるのは今だけ。デビュー時の夏川ゆなのSLTを知りうる稀有(けう)な存在になれるのだ!

ただストレッチするとき、「息を吸って~、吐きま~~す」と顔をほとんど密着させながら耳元で優しくささやく。『あぁ、時間よ止まれ!』と、男なら誰でも祈るに違いない。

 

後半の仰向けはデコルテから。胸から横腹にかけて、こちらの頭上にポジションしたままでズイ~っとトリート。想像してみてほしい。小柄で腕も長くない彼女が、その位置のままカラダごとケアしてくれる。もうこちらに“乗っているに等しい”のだ。

ここでワタシの記憶は途絶える。もうレビューなどどうでもよくなっていた。

 

natsukawa-2今まで大勢の美人や可愛いセラピストと会ってきた。彼女たちの多くは特別な存在だ。ルックスだけでなく、スキルがあり、ホスピタリティや向上心がある。でも夏川ゆなはプラスアルファを持っている。

言ってみれば“ステージが違う”のだ。

ルックスもすこぶるいいが、人としての質がピュアで可愛いのだろう。なかなかお目にかかれないタイプのセラピストだ。どうかそのままのキミでいてください。

 

施術が終わったところで思わずこう言った。

「しかし、本当に可愛いですね」
「そんなことないです、でもここには可愛い子がたくさんいますよ」

むむ、アロマフレスカは天使たちの棲家だったのか!

◆目黒「アロマフレスカ」 http://aroma-fresca.com/
◆体験日:2016年4月
◆体験コース:「ラグジュアリートリートメントコース100分」¥17000-

※サービス内容や料金などはサロンHPや電話等でご確認ください。

 

<<編集後記>>

森えりか本編でも触れたが(てか、それしか書いてない)、特筆すべきは彼女のルックス。可愛いにもほどがある。方向的には森絵梨佳だ(と思う)。公称年齢27てことは、それ以下ではない。もし20歳前後なら芸能界にいくべき人物。なぜこの業界に来たのか謎である。

怒った顔も想像できない。いや、怒ることなどないのではないか。そのくらいま~るいのだ。そして、“勘違いされる系”でもある。メンズに言っておく、彼女にカレシがいないわきゃないだろ!ひょっとして奥さまかも?それでもいいじゃないか。

ベテランになって“とんがる”より(そういう美人セラピストにたくさん会ってきた)、早く結婚して幸せになってもらいたい。ワタシは本気でそう思うのだ。JP