セラピストの名前|管理人ブログ

セラピストの名前について考えてみた。
もちろん源氏名という前提。

 

<名前のパターン>

(A)鈴木花子
(B)鈴木はなこ(orハナコ)
(C)鈴木
(D)はなこ(orハナコor花子)

大別すればこの4つ。

blog-4

 

 

 

 

 

 

 

メンズエステ(リラクゼーション系)として最も多いのが(B)だ。

姓が漢字で名がかな(カナ)。

「硬い+柔らかい」である。

 

そういう方式があるわけではないのだろうが、なんとなくサロンのサービスを体現している、というイメージがある。

例えば、のサロンをピックアップしておく。セラピストページをリンクしたので確認したければどうぞ。

※下北沢・ロータススパ

※目黒・アロマフレスカ

※中目黒/恵比寿・アクア

※大宮・アロマソラ

 

一方、(A)の漢字+漢字ではなんだか真面目すぎるのだろう。てか、普通か。

本当の姓名、つまり本名には漢字+かな  もあるので(A)(B)の混在はノーマルではある。しかしリラクゼーション系ではあまり見かけないのが「(A)のみ」。ちなみに、立川・俺のアロマは(A)寄りの(B)混在型に当たるが鼠は無し。

 

(C)の「姓だけ」は、イメージとしては「ド健全」だ。鼠径の鼠もないという感じ。

銀座一丁目・銀座ヴィラ池袋・不思議な森のアロマサロンがそうだ。前者は皆無で、後者は“ほぼ無し”だ。

ただし、ワタシとしては(C)はソープランドを連想したりする。このパターンが多かった(ような気がする)が、「今は昔」と言っておく。

もちろん例外もある。池袋・スパサンセットは(C)だが、「鼠径炸裂」という報告があがっている。

 

最後は(D)の「名」だけ。

印象的にはフーゾクを連想する。デリヘルなどはこのパターンが多い。

そのせいか、メンズエステ(リラクゼーション系)でも「ちょいエロ」な施術がありそうな感じがする。少なくとも鼠はあるんじゃね?と思う。

ところが、さにあらず。

恵比寿・ジュリエッタ などは「女子力」の表現ではないかと思う。

鼠はアリだが、エロいとまでは行かないという印象を持っている。

一方、日暮里・ビマージョ はなぜに(D)だか分からない。30代40代の美魔女がコンセプトのサロンだ。

正直に言うと、それなりにエロい。が、セラピストによってだいぶその内容が違う(と感じる)。ここが(D)なのは、想像するに、オーナーが名前を考えるのがめんどくさかったんじゃないか。あくまでも、もしかして、だが。

 

名前のパターンはセラピスト写真とともに、サロンからの情報発信、「うちはこういう店ですよ~」と言っている。そう捉えた方が間違いは少ないのじゃないか。なんとなくだがそう思っている。

 

=いつか、つづく=